『アバランチ』は現実と地続きの構造を持つ 千葉雄大が演じたハッカーの揺らぎ

『アバランチ』千葉雄大が表現した揺らぎ

 アバランチが引き受ける事件のつながりも気になる。山守は夏川洋子(中島亜梨沙)が牧原の姉と知って事件を持ち込んだのだろうか? 洋子はカンボジアで学校支援に携わっており、第1話の風間(安井順平)は大規模開発プロジェクトのリーダーだった。加害者がいずれも政府筋の人間だったことを考えると、内閣情報調査室(内調)に在籍していた山守の存在が鍵を握っていそうだ。と言いつつ、第2話で筆者の中でもっともテンションが上がったのは、官房副長官の大山(渡部篤郎)に呼ばれて、山中崇演じる内調のエース桐島が登場した瞬間だった。藤井のフィルモグラフィーを彩った俳優陣の再登板から、役者との信頼関係が垣間見える。

 早くも内調のターゲットになってしまったアバランチ。動画を見た視聴者に答えを委ねる一方、山守は明確な目的を持って組織を立ち上げている。法によって裁くことのできない罪、それらを裁き続けた先に山守が目指すものはあるのだろうか? その答えさえも、最後は私たち一人ひとりに委ねられているのかもしれない。

■放送情報
『アバランチ』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週月曜22:00~22:54放送
出演:綾野剛、福士蒼汰、千葉雄大、高橋メアリージュン、田中要次、利重剛、堀田茜、渡部篤郎(特別出演)、木村佳乃ほか
監督:藤井道人、三宅喜重(カンテレ)、山口健人
音楽:堤裕介
主題歌:UVERworld(ソニー・ミュージックレーベルズ)
プロデュース:安藤和久(カンテレ)、岡光寛子(カンテレ)、笠置高弘(トライストーン・ピクチャーズ)、濵弘大(トライストーン・ピクチャーズ)
制作:カンテレ、トライストーン・ピクチャーズ
(c)カンテレ
公式Twitter:@avalanche_ktv
公式Instagram:@avalanche_ktv



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる