『密告はうたう』は市民が感じる疑念を刺激するサスペンス 味わい深い登場人物たちに注目

『密告はうたう』味わい深い登場人物たち

 伊兼源太郎による傑作警察ミステリーを松岡昌宏主演で連続ドラマ化した『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』(以下、『密告はうたう』)はサスペンス感満載のサウンドがクセになる。『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』、同『連続ドラマW イアリー 見えない顔』や映画『スマホを落としただけなのに』、『樹海村』、『サイレント・トーキョー』などを手掛けたヒットメーカー大間々昂による警鐘のようにわんわんと迫ってくるサウンドは、視る者の危険に対する本能を揺さぶってドラマの世界にぐいぐい引き込んでいく。

 正義の牙城たるはずの警察の中にうごめく不正。松岡演じる主人公・佐良正輝は正義の仮面をかぶった者たちの暗部にずぶりずぶりと踏み込んでいく。第3話まで放送され折返しを迎えた『密告はうたう』。ますます盛り上がってきたところで、ざっくり3話までを振り返ってみよう。

 佐良が所属するのは人事一課監察係、通称“ジンイチ”。監察係とは組織内部の不正を取り締まる仕事。「警察の中の警察」とも言われ、身内の身辺捜査をするのだから警察内で煙たがられる存在である。佐良は捜査一課に所属していたが後輩の斎藤(戸塚祥太/A.B.C-Z)が殉職したとある事件をきっかけに “ジンイチ”に異動となった。そこで上司の能馬(仲村トオル)に命じられ、元同僚で斎藤の婚約者でもあった皆口(泉里香)の行動確認(コウカク=尾行)を行う。皆口を密告したのは誰なのか。不正を行う者、密告する者、犯罪を取り締まることが職務のはずの警察の中で誰も彼もが疑わしい。ジンイチでバディを組むことになった監察係長・須賀(池田鉄洋)にも心が許せない。

 ここまでは第1話。第2話は調べていくと皆口と接触している情報屋・佐々木(アキラ100%)、反社会的勢力とつながりを持つ元組対課刑事の石黒(木村祐一)、佐良の先輩刑事・宇田(三浦誠己)など気にかかる人物が浮かび上がる。佐良は真面目を絵に描いたような宇田があやしいとは思えない。だが能馬は「そうやって人を信じた結果、君のまわりで何が起きた」と指摘する。他者も信じられないうえ、自分の軸足も揺らいでいく。劇伴はその何もかもが不安定な世界を奏でているように聞こえる。そんななかで唯一ほっとするのが、池袋西署の新穂(ブラザートム)。まともな感覚の持ち主という感じで、コツコツ捜査に励んでいる。新穂はかつて佐良や皆口も関わったある未解決殺人事件をいまも追っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる