市ノ瀬加那、今年注目の声優に 『ひげひろ』『Dr.STONE』など人気作で相次ぐ活躍

 アニメ『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』のヒロイン・荻原沙優を演じて話題の声優・市ノ瀬加那。2018年にアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のイチゴ役で初のメインキャストを努めて以降、『Fairy gone フェアリーゴーン』や『キャロル&チューズデイ』などの作品でヒロイン役を射止め、今年3月に「第15回声優アワード」で新人女優賞を受賞した注目の女性声優だ。

この3年で人気作に多数出演

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』公式サイトより

 6月28日の放送で最終回を迎える『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』で、主人公・吉田らとの心温まる交流によって心を開き、過去を乗り越え問題と正面から対峙することを決意したヒロインの荻原沙優。それを演じる市ノ瀬加那の、ナチュラルだが存在感のある演
技に注目が集まっている。

 メインキャストの一人であるイチゴ役に抜擢された『ダーリン・イン・ザ・フランキス』では、戸松遥や早見沙織ら名だたるベテラン勢に交じり、キャラクターの揺れ動く心情を熱っぽく演じて存在感を示した。また、戸松らとともに5人組ユニットXX: meとして、エンディングテーマ「トリカゴ」などを歌っている。

 その後『Fairy gone フェアリーゴーン』では、部隊の新入隊員でありながら時に大胆な行動で周囲を引っ張るなど、物語を通じて大きな成長を示していく主人公のマーリヤ・ノエルを熱演。『キャロル&チューズデイ』では、裕福な家庭に育ちながら歌手デビューを夢見て家を飛び出し、境遇の異なるキャロルと出会うことで新しい世界に触れていくチューズデイを演じた。

 ほかにも、『社長、バトルの時間です!』では主人公である社長ミナトの秘書で、幼なじみとして恋心にも揺れるユトリア。『ひとりぼっちの○○生活』では、主人公のクラスの風紀委員・倉井佳子。『Dr.STONE』では、千空と大樹の同級生でキーパーソンの一人である小川杠。『聖女の魔力は万能です』では、聖女として召喚された一人で、女子高生のアイラ。さらに『GRANBLUE FANTASY The Animation Season 2』『ゴールデンカムイ』『魔法科高校の劣等生来訪者編』『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』『Re:ゼロから始める異世界生活』など、この約3年で、実に多くの人気作品に出演して経験を積んでいる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる