力強く微笑む尾野真千子の姿も 『茜色に焼かれる』ポスタービジュアル&場面写真公開

 5月21日より全国公開される石井裕也監督作『茜色に焼かれる』のポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 『舟を編む』『町田くんの世界』『生きちゃった』の石井裕也監督が手がける本作は、傷つきながらも、自身の信念の中でたくましく生きる親子の姿を描く人間ドラマ。

 この世界には、誰のためにあるのかわからないルールと、悪い冗談みたいなことばかりがあふれている。誰もが自身を偽り、まるで仮面の生活を強いられているかのように。そんな、まさに弱者ほど生きにくいこの時代に翻弄されている一組の母子がいた。哀しみと怒りを心に秘めながらも、わが子への溢れんばかりの愛を抱えて気丈に振る舞う母・田中良子。その母を気遣って日々の屈辱を耐え過ごす中学生の息子・純平。果たして、彼女たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは。

 多難の時代に逆風を受けながらも前向きに歩もうとする母親・良子を尾野、息子の純平を和田庵が演じる。さらに、純平が憧れを抱く良子の同僚・ケイ役で片山友希、交通事故で命を落とす夫・陽一役でオダギリジョー、良子とケイを見守る風俗店の店長役で永瀬正敏が出演する。

 7年前、理不尽な交通事故で夫をなくした母子。母の名前は田中良子。彼女は昔演劇に傾倒しており、お芝居が上手だ。中学生の息子・純平をひとりで育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。経営していたカフェはコロナ渦で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。数年ぶりに会った同級生にはふられた。良子たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは。

 このたび公開されたポスタービジュアルでは、夕焼けの中、二人乗りをする親子の後ろ姿と、明日への希望を携えながら力強く微笑む尾野演じる母親・良子の姿が切り取られている。「悪い冗談みたいなことばかり起きるこの世界で、母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。」というコピーが並び、次から次へと押し寄せてくる難題に対して、哀しみと怒りを心に秘めながらも、たくましく前向きに生きる良子の姿が捉えられている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『茜色に焼かれる』
5月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
出演:尾野真千子、和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏
監督・脚本・編集:石井裕也
製作幹事:朝日新聞社
制作:RIKIプロジェクト
配給:フィルムランド、朝日新聞社、スターサンズ
2021年/日本/144 分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/R-15+
(c)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
公式サイト:akaneiro-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる