尾野真千子がもがきながらも懸命に生きる 『茜色に焼かれる』イメージビジュアル&予告編

 5月21日より公開される尾野真千子主演映画『茜色に焼かれる』のイメージビジュアルと予告編が公開された。 

 『舟を編む』『町田くんの世界』『生きちゃった』の石井裕也監督最新作となる本作は、傷つきながらも、自身の信念の中でたくましく生きる親子の姿を描く人間ドラマ。

 この世界には、誰のためにあるのかわからないルールと、悪い冗談みたいなことばかりがあふれている。誰もが自身を偽り、まるで仮面の生活を強いられているかのように。そんな、まさに弱者ほど生きにくいこの時代に翻弄されている一組の母子がいた。哀しみと怒りを心に秘めながらも、わが子への溢れんばかりの愛を抱えて気丈に振る舞う母・田中良子。その母を気遣って日々の屈辱を耐え過ごす中学生の息子・純平。果たして、彼女たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは。

 多難の時代に逆風を受けながらも前向きに歩もうとする母親・良子を尾野、息子の純平を和田庵が演じる。さらに、純平が憧れを抱く良子の同僚・ケイ役で片山友希、交通事故で命を落とす夫・陽一役でオダギリジョー、良子とケイを見守る風俗店の店長役で永瀬正敏が出演する。

映画『茜色に焼かれる』予告編

 公開となった予告編は、尾野演じる主人公が「田中良子です」と力強く名乗るシーンから始まる。倒産したカフェの営業再開を目指しつつも、新たなパート先でのきつい仕事や義父の介護など、様々な問題が押し寄せてくる。家計簿を見た片山演じる同僚のケイには「こんな真っ赤でどうして平気でいられるんですか?」と尋ねられ、ギリギリの生活に追われている良子の姿が映し出される。永瀬演じる店長から「取り返しつかないほどボロボロなのに、なんで生きようとするのよ?」と問われた良子。もがきながらも懸命に生きてきた良子は、遂に心にためた本音を吐き出す。息子の純平もケイも、時に泣きながら必死に日々を過ごす中で、良子が遂に爆発する。

■公開情報
『茜色に焼かれる』
5月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
出演:尾野真千子、和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏
監督・脚本・編集:石井裕也
製作幹事:朝日新聞社
制作:RIKIプロジェクト
配給:フィルムランド、朝日新聞社、スターサンズ
2021年/日本/144 分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/R-15+
(c)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
公式サイト:akaneiro-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる