『おちょやん』成田凌の不器用すぎる一平が愛おしい “母”のように一座をつなぐ千代の姿も

『おちょやん』成田凌の不器用すぎる一平が愛おしい “母”のように一座をつなぐ千代の姿も

 4年ぶりに帰ってきた道頓堀で、千代(杉咲花)が喜劇女優として一歩を踏み出した『おちょやん』(NHK総合)第9週。千代が新たに所属することになった一座の座長に一平(成田凌)が指名され、旧天海一座の俳優たちが辞退するという波乱の幕開けとなった。

 さらに、一平の書いた台本に感動した天晴(渋谷天笑)と万太郎一座の俳優から嫌がらせを受けた徳利(大塚宣幸)が戻ってきてくれた矢先、最初から味方でいてくれた漆原(大川良太郎)に一平はクビを言い渡す。

 みんなが自分事として楽しめる新しい喜劇をつくるために、“偽物”の女形である漆原は必要ない。たとえ漆原の存在を否定することになろうと自分がリーダーとなる一座のために伝える、それが一平の覚悟だった。

「あんたはもう時代遅れのお払い箱や」

 ただ一平は、漆原に男役を演じることへの覚悟を決めてほしかっただけ。それならもっと他に言い方があるのではないか、とことん不器用な男だな……とも思うが、漆原が女形ではない自分に自信を持てないでいることも一平は見抜いていた。だからこそ、漆原を挑発することでいつも穏やかな彼の力強さを引き出そうとしていたのだ。

 こうしてなんとか仲間を引き止めた一平は最後の難関に挑む。それはかつて喧嘩別れとなっていた元天海一座の看板俳優・千之助(星田英利)を参加させること。千之助は恩人である一平の父・天海天海(茂山宗彦)と同じように、千代たちに「自分を笑わせること」を参加の条件として言い渡していた。

 千代はニワトリのものまね、天晴は赤のふんどし一丁、徳利はシンプルなおならで千之助を笑わせようとするが、どうにもうまくいかない。そんな彼の心を動かしたのは、まさかの漆原に殴られて腫れ上がった一平の顔だった。まさに、雨降って地固まる。一度はバラバラになった天海一座の仲間たちがふたたび一堂に会し、座長を一平に迎えた稽古初日を迎えることができた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる