King&Prince 高橋海人、実は熱い努力の人? 『姉ちゃんの恋人』の“優しさ”と“強さ”の象徴に

 岡田惠和脚本、有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系)でじわっと存在感を発揮しているのが、有村の弟役を演じているKing&Princeの高橋海人だ。

 交通事故で両親を亡くしたものの、3人の弟たちを養いながら前向きに生きる“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村架純)が、恋人を守るために傷害事件を起こして服役し、幸せになることを諦めていた同僚の吉岡真人(林遣都)と出逢い、恋をする。

 コロナ禍でなかなか人と人が出会えなくて、重苦しい空気が世界を覆っていく中、誰かを好きになったり、誰かに優しくしたりすることが、このひび割れた世界を少しでも良くしていくんじゃない? と視聴者にふんわりと、でも確信を持って語りかけてくるような物語だ。

 高橋海人が演じているのは、桃子の大学生の弟・和輝。自分たちのために進学を諦めて働いている姉に心から感謝していて、誰よりも大事に思っていて、恋に不器用な姉のことを誰よりも心配している。弟たちにも優しく、料理が得意で、いつだって家族ファースト。

 両親を失っていつ壊れてしまうかわからない危うい家族を守っていくためには、彼らのようにお互いに寄り添い、支え合いながら生きていくしかなかったのだろう。でも、そんな悲愴感なんて微塵も見せず、いつもふにゃふにゃの笑顔で家族を和ませている。

 一方で、姉の親友であるみゆき(奈緒)に恋していて、彼女の口についたカフェラテの泡を指ですくってペロッと舐める天然の部分もあったりする。それだけ接する人間との間に壁を作らないということ。逆ソーシャルディスタンスな男なのである。

 序盤はあまり目立たなかった和輝が活躍したのが第7話。姉に恋人のことを打ち明けられて「姉ちゃんの味方でいてください」と頭を下げられると涙を流し、「今度は俺たちが姉ちゃんを守る」と誓ってみせる。そして姉の恋人に会いに行き、「あなたが姉を傷つけるなら、僕はあなたを許さない」と宣言して「約束してください」と頭を下げる。いつもはホットココアのように優しくて温かくて甘いのに、どこまでもまっすぐで芯の強い男なのだ。

 第7話ではみゆきとの恋も成就させ、花の咲き誇る公園で年上の恋人を抱きしめてぐるぐる回ってみせた。桃子の妄想の中では真っ白なタキシードを着た花婿姿まで披露している。

 和輝はナレーションも担当しており、ちょっと高めの少年のような声で姉を思う気持ちを語っている。『姉ちゃんの恋人』というタイトルは、彼の目線からつけられたもの。つまり、和輝はこのドラマが持つ“優しさ”と“強さ”の象徴のような存在だと言っていいだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる