King & Prince 高橋海人が語る、“学び”の連続な『姉ちゃんの恋人』での経験 和輝には「完敗」!?

King & Prince 高橋海人が語る、“学び”の連続な『姉ちゃんの恋人』での経験 和輝には「完敗」!?

 有村架純が主演を務めるドラマ『姉ちゃんの恋人』がカンテレ・フジテレビ系で毎週火曜21時より放送中だ。主演の有村とはNHK連続テレビ小説『ひよっこ』などに続き6度目のタッグとなる岡田惠和のオリジナル脚本となる本作は、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村架純)と恋の相手・吉岡真人(林遣都)をはじめとした個性豊かな登場人物たちの恋と家族愛を描いたラブ&ホームコメディー。

 有村演じる桃子の弟で、安達家の長男・和輝を演じているのが、King & Princeの高橋海人だ。本作では、時に物語を俯瞰し、時に桃子に優しく語り掛ける形で、ドラマの要所要所で登場するナレーションにも初挑戦。「ほぼ初めての感覚で撮影に臨んでいる」という高橋に、本作での経験や今後の見どころについて話を聞いた。

「緊張していても笑顔が出せるようになった」

ーー高橋さんの出演が発表された際、「ハマり役」と話題になり、愛称である「海ちゃん」がTwitterのトレンド入りを果たすなどかなり反響がありましたが、それを受けてどのような気持ちでしたか?

高橋海人(以下、高橋):シンプルにうれしかったです。King & Princeでは弟的な立ち位置でもあるので、ファンの方たちには今回の役が僕にすごく合っていると思っていただけてよかったです。キャスティングしていただいて本当に光栄ですが、やはりその分期待値も上がるので、プレッシャーもありました。なので、序盤のうちは「大丈夫かな」「期待に応えられるかな」と思っていたんですけど、いまはそんなことよりも、とにかく後悔しないように全力で頑張ろうと思って、楽しみながら演じさせていただいています。

ーーしかもナレーションという大役も任されています。

高橋:ナレーションの収録は緊張しますね。でも、スタッフさんに「声がいい」って言っていただいて、「俺、声いいんだ!」って素直にうれしかったです。家族でのやりとりなどを演じているときとはまた違う緊張感ですね。自分の声がちゃんと作品にマッチしているのかも含め、頑張っています。

ーー姉役の有村架純さん、弟役の日向亘さん、南出凌嘉さんとの関係性はどのように築いているんですか?

高橋:クランクインする前に、有村さんが忙しい中、家族4人で集まる会を設けてくださったんです。敬語禁止で話すようにしたり、みんなでゲームをしたりする会だったんですけど、それがすごく大きかったですね。その会のおかげで演じやすくなったので、いまでもすごくありがたいなと思っています。僕自身、演技のお仕事はまだあまり経験がないので、ほぼ初めての感覚で撮影に臨んでいるんです。なので、監督さんにいろいろなことを聞いたり、現場で先輩の俳優の方々の立ち振る舞いを見たりして、勉強させてもらっています。いままでは佐藤勝利くんと一緒だったり、メンバーと一緒だったり、事務所の先輩方が周りにいる環境だったので甘えていたところもあったんですけど、今回はまた違う環境なので、とにかく勉強になります。撮影も毎回すごく楽しいです。

ーー今回の現場では、King & Princeでの活動が活きる部分はありますか?

高橋:King & Princeは年長組が盛り上げ役で、そういうメンバーの姿を見て育ってきているので、桃子以外の兄弟3人でいるときは、基本的に僕が会話を回したりするように心がけています。岡田(惠和)さんの脚本にはシーンの設定だけがあって、細かく決まっていないところが所々あるんですけど、兄弟3人のシーンはそういうシーンが結構多くて。なので、そういうところは「こんな感じで演じてみよう」と3人で事前に話し合いながらやっています。みんなで支え合っている感じはすごくあります。

ーー逆に今回の役がKing & Princeの活動に活きる部分は?

高橋:岡田さんの脚本には「和輝:(微笑)」みたいなことがよく書かれているんです。なので、微笑みのレパートリーはたくさん考えました(笑)。あたたかい微笑みだったり、少し含みを持たせた微笑みだったり……。そのおかげで、雑誌の撮影をするときの笑顔がすごく上手になったねと言われるようになったのでうれしかったです。僕は緊張すると笑えなくなってしまうタイプで、それが悩みでもあったんですが、基本的にニコニコしている和輝を演じているおかげで、緊張していても笑顔が出せるようになりました。「いまは和輝なのか? それとも海人なのか?」みたいな瞬間はよくありますね(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる