>  > 平野紫耀が語る、役者とアイドル

『ういらぶ 。』インタビュー

King & Prince 平野紫耀が明かす、“役者”としてのスタンス 「僕の中で本業は“アイドル”」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEマンガの少女部門で月刊1位を記録し、累計発行部数180万部を突破した星森ゆきもの人気コミックを実写映画化した『ういらぶ。』が11月9日に公開される。お互い“大好きすぎて「好き」と言えない”こじらせまくりの凛と優羽、そんな2人を心配して見守る暦と蛍太。同じマンションに住む幼なじみ4人の前に、“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル兄妹・和真と実花が現れたことから、2人の恋と4人の友情が、思わぬ方向へ動き始める。

 今回リアルサウンド映画部では、主人公・凛役を務めたKing & Princeの平野紫耀にインタビュー。二面性のある凛と自身との共通点から、King & Princeの活動と役者の活動の違いまで、大いに語ってもらった。

「『ゴミだな』と思いながらやっていたと思います」

ーー今回の『ういらぶ。』は今年3月に公開された『honey』に続き2作目の主演作となりましたが、最初にオファーが来たときの心境はどうでしたか?

平野紫耀(以下、平野):シンプルに嬉しかったですね。お話をいただいてから原作漫画を読ませてもらいました。「本当にこの2人は付き合えるのかな?」と心配になるくらい凛と優羽はこじらせているんですけど、すごくかわいらしい物語で、続きが気になって、これを演じられるワクワク感と緊張感がありました。

ーーワクワクと緊張はどっちが大きかったですか?

平野:ワクワクですね! 脚本も原作通りだったので、すんなりイメージできました。

ーー平野さんが演じた凛は、“優羽のことが好きすぎてドSのフリをする超こじらせ男子”という設定です。

平野:凛は優羽に意地悪なことを言ってしまうんですけど、それは好きだからで、裏では優羽への思いが溢れてしまっています。そんな一途だったり、かわいらしいところが彼の魅力なんじゃないかなと思っています。

ーー平野さん自身との共通点はありましたか?

平野:共通する部分があまりないんですよね。僕自身はSでもないですし、女子に「ゴミ」って言ったこともないですし……。でも、もし自分に好きな人ができたら、「かわいい〜」って出ちゃうと思います。デレデレだと思います。凛とは逆ですね。Mでもないですけど、中間ぐらいですね。

ーー女の子に対して「ゴミ」と言うのは、どんな気持ちで演じていたのでしょう?

平野:どんな気持ち……なんだろう。「ゴミだな」と思いながらやっていたと思います。お芝居の中では凛になりきってやっていたのですが、平野自身はできないですね。「ゴミ」って女の子に言えないですし、僕「お前」も言えないんですよ。亭主関白の方とかは奥さんに「お前早く飯作れよ」とか言いますけど、凛はそういうのが言えそうなタイプ。そういう意味では、カッコいいなとは思いますね。僕は「お腹が減りました」って言っちゃうので(笑)。

ーー男子はよく好きな子をいじめますが、凛の行動はその延長線上とも言えますね。

平野:よくありますよね。でも僕はトラウマがあってそういうのはできませんでした。小学生の頃、同じダンスレッスンに通っていた女の子のことが、たぶん僕は好きだったんですけど、輪ゴムをペチペチずっとやっていたんです。そうしたらガチで怒られてしまって、もうトラウマになってしまいました。相当怖かったんでしょうね。

ーーじゃあ平野さんは好きな子をいじめた経験がないのですね。

平野:あ、でもKing & Princeのメンバーの高橋海人のことはかわいいのでいじめています。まあそういう意味の「好き」ではないですけど、弟みたいな感じなのでやっちゃいますね(笑)。僕と海人は“イジリ”みたいな感じですけど、凛はガチですから(笑)。

「King & Prince 平野紫耀が明かす、“役者”としてのスタンス 「僕の中で本業は“アイドル”」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版