『エール』コンサート曲目を解説! 注目は森山直太朗、堀内敬子、吉原光夫

『エール』コンサート曲目を解説!

 朝ドラ『エール』(NHK総合)が最終週を迎え、11月27日放送の最終回は「『エール』コンサート」と題した特別編。モデルとなった福島市出身の作曲家・古関裕而が作り上げた名曲を出演者が歌う「コンサート」で幕を閉じる。本記事では「『エール』コンサート」で歌われる楽曲と作中の思い出深いシーンを振り返っていく。

裕一と鉄男が生み出した名曲といえば

「福島行進曲」御手洗清太郎(古川雄大)

 音(二階堂ふみ)のミュージックティーチャー御手洗が歌いあげる「福島行進局」。大物作曲家・小山田耕三(志村けん)のはからいでコロンブスレコードと専属契約した裕一(窪田正孝)だが、裕一の曲はなかなか採用されなかった。幼なじみの久志(山崎育三郎)の紹介で早稲田大学応援歌「紺碧の空」を作曲した後、鉄男(中村蒼)とともに作った「福島行進曲」が採用され、裕一は念願の作曲家デビューを果たした。

福島三羽ガラスバージョンも話題に

「船頭可愛いや」佐藤久志(山崎育三郎)ギター/村野鉄男(中村蒼)

 「福島行進曲」の後にレコード化された「船頭可愛いや」。高梨一太郎(ノゾエ征爾)が作詞し、藤丸(井上希美)が裕一や鉄男、久志の想像以上の歌声で歌いあげた一曲だが、発売当初は全く売れなかった。その後、西洋音楽の歌手・双浦環(柴咲コウ)の歌唱で再び発売され大ヒットとなる。

 井上は朗らかな表情で美しい歌声を響かせ、柴咲は柔らかくも圧巻な歌声を披露したが、劇中で「船頭可愛や」を披露しているのはこの二人だけではない。裕一と鉄男とともに居酒屋で流しをしていた久志も「船頭可愛いや」を歌っていた。『エール』を振り返り、それぞれの歌唱を聴き比べるのもおすすめだ。

戦争の悲劇から復活までを描いた歌

「とんがり帽子」御手洗清太郎(古川雄大)、藤丸(井上希美)、夏目千鶴子(小南満佑子)、裕一(石田星空)、音(清水香帆)、鉄男(込江大牙)、久志(山口太幹)ら子ども時代を演じたキャスト

「長崎の鐘」指揮/古山裕一(窪田正孝)、古山音(二階堂ふみ)ほかオールキャスト

 劇作家・池田二郎(北村有起哉)が書き上げたラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌である「とんがり帽子」と映画『長崎の鐘』の主題歌「長崎の鐘」。『エール』では第15週あたりから戦争が醸し出す不穏さが色濃くなり始めた。戦後、裕一は自分の作った音楽が人々を戦うことに駆り立て、その結果、若い人の命を奪ってきたことを悔やんでいた。裕一は曲が作れなくなっていたが、それでも池田は粘り強く何度も依頼する。戦争の記憶を受け入れ、どん底から希望へと這い上がっていく、裕一と、そして戦後の日本の姿を印象づける名曲だ。

久志のアカペラが感動を呼んだ

「栄冠は君に輝く」藤堂清晴(森山直太朗)、佐藤久志(山崎育三郎)

 夏の甲子園に欠かせない名曲「栄冠は君に輝く」。戦争の記憶に苦しんでいたのは裕一だけではない。久志もまた戦争の歌を歌っていたことを悔やみ、荒れた生活を送っていた。愛国歌謡を歌ったことで自暴自棄になっていた久志だが、そんな彼を救うのも歌だった。甲子園のグランドで披露されたアカペラの歌声に、涙がこみ上げた視聴者も少なくなかったようだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる