宇垣美里が再認識した声優の素晴らしさ 『羅小黒戦記』アフレコ現場潜入レポート

宇垣美里が再認識した声優の素晴らしさ 『羅小黒戦記』アフレコ現場潜入レポート

 アニメーション映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来』(以下、『羅小黒戦記』)が現在公開中だ。

 近年勢いを増す中国アニメーション。本作も中国のアニメ監督のMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオが制作したアニメ作品だ。2019年9月に日本国内で字幕版が公開されると、まるでスタジオジブリを思わせるような雄大な自然風景と、迫力のアクションシーンがアニメファン、映画ファンの間で大きな話題となった。

 現在公開されているのは、日本語吹替バージョン。音響監督に『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』『スパイダーマン:スパイダーバース』の岩浪美和を迎え、吹き替えキャストに花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏、斉藤壮馬、松岡禎丞、杉田智和、豊崎愛生、水瀬いのり、チョー、大塚芳忠といった日本を代表する声優たちが集結している。

 リアルサウンド映画部では、都内のスタジオで行われた本作のアフレコ現場に潜入し、インタビューを行った。

 音響監督を務める岩浪は、迫力のあるサウンドデザインでアニメファンから大きな信頼を勝ち取っているアニメ業界におけるキーマンだ。2019年に行ったインタビューでも、音響に対するこだわりの一端を明かしてくれたが、今回『羅小黒戦記』の吹替版を担当するにあたり、以下のように意気込みを明かす。

音響監督を務める岩浪美和

「もともとオリジナルが素晴らしい作品ですから、そのテイストを損ねない形で、日本の観客の皆さんに親しみやすく、字幕版のファンの期待を裏切らないように作っていきたいです。なおかつ小さなお子さんやファミリーで楽しめる作品なので、吹替版にすることによって、いろいろな層にこの作品の良さを広めていきたいと思います」(岩浪)

 今回は字幕版がすでに公開されている特殊な作品ということもあり、吹替版の台本を制作する上で懸念した点もあるという。

「吹替版の台本は、まず翻訳台本があり、それを演出家が修正していくのが常なのですが、今回翻訳家の方が意識されていたのが、すでに公開された字幕版の翻訳が妙な人気を獲得しているという点でした。字幕版は独特な言い回しも多いのですが、それを親しんでいるファンも多いので、そのあたりのテイストを壊さないように、なおかつ音で聞いたときにわかりやすいようにと意識して調整しました」(岩浪)

 この日アフレコを行うのは、フリーアナウンサーで今回アニメ声優初挑戦という宇垣美里。主人公であるムゲンとシャオヘイを人間の街に迎える花の妖精という役どころだ。

 TBSラジオ『アフター6ジャンクション』をはじめさまざまなメディアにて、アニメ・漫画好きとして知られる宇垣だが、「最初お話しを聞いたときは、映画を観て感想コメントを出すのかなと思ったんです(笑)」と自分が声優として作品に参加することについて、思いもよらなかったという。

「私自身アニメが大好きなので、声優さんというものは素敵な仕事だなと思っていました。でも、好きだからこそ声優さんたちがどれほど素晴らしいかを知っているので、そんな簡単にできやしないだろうと思っていたんです」(宇垣)

 自身がアニメ好きだからこそ覚悟を持ってアフレコに臨んだ宇垣。1回目の収録では、手元の台本と、アフレコブースのモニターに映る本編の映像、ヘッドホンの後ろにうっすらと聞こえる中国語版のセリフに、「全部を処理しきれない」と少し混乱している様子。しかし、回を重ねるごとにタイミングに合わせてセリフを乗せることができるようになっていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる