『羅小黒戦記』吹替版、ポスター&予告編 黒猫の妖精シャオヘイが人と妖精の未来を切り拓く

 11月7日より公開となる映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、中国の漫画家、アニメ監督のMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオが制作したアニメ作品。2011年3月17日からWebアニメシリーズが動画サイトで公開されたあと人気が上昇し続け、中国アニメを代表する作品まで成長。その後劇場版が制作され、中国国内での興行収入は3.15億人民元(約48億円)を記録し、異例の大ヒットとなった。2019年10月には、小規模ながら日本国内でも字幕版が公開された。

 日本語吹替版の音響監督を、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』『スパイダーマン:スパイダーバース』の岩浪美和が担当し、制作にあたる。人間に住む場所を追われた黒猫の妖精シャオヘイを花澤香菜、そこに手を差し伸べる植物を自在に操る妖精フーシーを櫻井孝宏、人間でありながら最強の執行人であるムゲンを宮野真守が演じる。

 さらに、シューファイ役に斉藤壮馬、ロジュ役に松岡禎丞、テンフー役に杉田智和、シュイ役に豊崎愛生、ナタ役に水瀬いのり、キュウ爺役にチョー、館長役に大塚芳忠、花の妖精役に宇垣美里ら豪華声優陣が出演する。

 公開された本ポスターは、シャオヘイを中央にムゲンたちとフーシーたちが都会の風景と自然の風景の異なる方向を向いて配置されている。

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来』予告編

 本予告映像では、人間たちによって居場所を失った黒猫の妖精シャオヘイがムゲンやフーシーをはじめとする様々な妖精や人々に出会い、人間と妖精の生き方の違いに苛まれながらも成長し自ら未来を切り拓いていく姿が映し出されている。さらに映像では本作の見どころの一つでもあるバトルシーンも垣間見ることができる。

 また、予告映像では本作の主題歌「Unity」が初公開。本作でメジャーデビューを果たすLMYKは、ジャネット・ジャクソンやチャカ・カーン、宇多田ヒカルらを手がけたアメリカのプロデューサーチームJimmy Jam and Terry Lewisがプロデュースを務めた。

 さらに第1弾の前売券が発売されると全国の劇場で売切れが相次いだことを受け、第2弾前売特典が発売されることが同時に発表された。

第二弾前売り特典

LMYK コメント

私にとってこの作品の一番の魅力はキャラクターとストーリーから溢れる優しさと希望です。人間と妖精の共存や自然破壊やといったタイムリーで深刻なテーマを提示する一方で、仲間同士の愛情とそれぞれの諦めない姿が繊細かつ堂々と表現されています。それに最も心を動かされ、日本語吹替版主題歌を制作する上での軸となりました。ー人一人異なるからこそぶつかり合う。だけど別々じゃない。みんな同じ行き先を見つめ、同じように安らげる居場所を探し求めている。白黒つかない世界で成長していく無垢であどけないシャオヘイから気付かされました。
アニメーション、ストーリー共に素晴らしいこの2品に「Unity」が起用されてとても光栄です。対立と調和は繰り返されますが、この映画、そして曲が大きな変化へのきっかけになれると信じています。

■公開情報
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』
11月7日(土)全国ロードショー
原作・監督:MTJJ
プロデューサー:叢芳氷、馬文卓
副監督:顧傑
脚本:MTJJ、彭可欣、風息神涙
制作会社:北京寒木春華動画技術有限公司

<日本語吹替版>
キャスト:花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏、斉藤壮馬、松岡禎丞、杉田智和、豊崎愛生、水瀬いのり、チョー、大塚芳忠、宇垣美里
音響監督:岩浪美和
音響制作:グロービジョン
配給:アニプレックス、チームジョイ
(c)Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
公式サイト:https://luoxiaohei-movie.com/
公式Twitter:@heicat_movie_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる