『#リモラブ』が描く現代社会の恋模様 “日常”を持ち込む松下洸平の持ち味が生かされた形に

『#リモラブ』が描く現代社会の恋模様 “日常”を持ち込む松下洸平の持ち味が生かされた形に

 波瑠が主演を務めるドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系)は優しい。このドラマは、私たちがコロナ禍でなし崩し的に受け入れざるを得なかった「新しい生活様式」と、それにより、ちょっとだけ面白く進化した日常と、それでも変わらない日常を柔らかく映し出し、その全てを肯定する。観終わった後いつも思う。いろんなことが変わってしまったけれど、そう言えば、悪いことばかりじゃなかったよねと。

 これには、ことさら「日常」に焦点を置いてヒロインの人生を描いたことが印象的だった朝ドラ『スカーレット』(NHK総合)を手掛けた水橋文美江によるオリジナル脚本と、昨年の優れたドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合)、『俺の話は長い』(日本テレビ系)を手掛けた中島悟による、マスク姿の登場人物たちはじめ、変化した生活様式を全面に出した、このドラマの「新しさ」を際立たせる斬新な演出との組み合わせが功を奏したと言える。

 そして俳優陣の素晴らしさだ。主人公である美々先生を演じる波瑠はもちろん、彼女を取り巻く男性陣がとにかくハマっている。『スカーレット』の八郎役、『MIU404』(TBS系)第2話の犯人役ときて、本作の青林風一役を演じる松下洸平は、物語世界の中に「日常」を持ち込む特性を持っている。全ての役において他人事じゃないと視聴者に思わせる何かがある。謎の「三波春夫」ポジションである人事部における彼は、及川光博演じる、さわやかで軽快な上司・朝鳴と、間宮祥太朗演じる、時々さらっとダメダメなことを言うけれどなぜか憎めない五文字に挟まれ、どこまでも誠実な優しさを見せている。この3人の「ソーシャルディスタンス」を利用したコント風のやり取りもまた、「今までになかった」けれど、この1年、日常をなんとか面白くアップデートしてきた私たちの会話としては「あるある」な愛おしく楽しいやりとりだ(公式サイトにおける人物相関図の彼らについての解説がまた、本編に描かれていない小ネタ満載で面白い)。

 「かわいいぜ、この野郎」がかわいすぎる八木原(高橋優斗)・栞(福地桃子)カップルは、ワイヤレスイヤホン越しの会話等の新しさもあり、コロナ禍の飲食店事情を物語の中に組み込むための重要なポジションである。さらに、基本的には「父親への挨拶をいつにするか」に悩む、今までと変わらない「普通の」恋愛の素晴らしさを、「普通の恋は邪道」なヒロイン・美々先生(波瑠)の恋と対照的に描いている。

 また、カップルではないが、第3話の朝鳴と富近(江口のりこ)という元妻の同級生コンビのやり取りも、大人同士の思いやりとさりげない色っぽさとに満ちていて、とてもよかった。手が少し触れたことに気分が高揚したり、エアーでハグしたり、マスク越しのキスに胸が高鳴ったり。直接顔を見つめ合うことも触れ合うことも貴重で特別なことになってしまった今だからこそのトキメキもある。逆に川栄李奈演じる我孫子が、SNS上で「檸檬」として「草モチ」とやり取りをしていた彼氏・青林に向かって「私の知らないところで誰かと勝手に繋がったりしないで」と怒るのもまた、これまでの恋愛ドラマにない新しい嫉妬の形だと言える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる