『#リモラブ』高橋優斗、『監察医 朝顔』森本慎太郎らが筆頭格? 次世代を担う演技派ジャニーズ

 今年の秋ドラマは若手ジャニーズの活躍が目覚ましい。デビューしたばかりのSixTONESからは森本慎太郎、高地優吾が、2018年デビューのKing & Princeからは高橋海人が連ドラ出演を果たし、さらにジャニーズJr.からも多数が出演している。やや中堅どころではSexy Zoneの菊池風磨が『バベル九朔』(日本テレビ)で主演を務めており、まさに活躍が期待される存在だ。

 今回はそんな秋ドラマに出演するジャニーズの中でも特に注目のメンバーについて言及していきたい。こうして若手が活躍する機会が増えるほど、『監察医 朝顔』シリーズ(フジテレビ系)での風間俊介のような演技派ジャニーズとして、次世代を担うメンバーが登場するかもしれないと胸が高鳴る。

ジャニーズJr.にしてストーリーテラーに抜擢 HiHi Jetsの高橋優斗

 波瑠主演で毎週水曜日に放送される『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系、以下『#リモラブ』)では、高橋優斗が物語の語り手として大活躍している。高橋はまだデビューしていないジャニーズJr.内のグループHiHi Jetsに所属。『恋の病と野郎組』(BS日テレ)では一条大地役で主演を、『SUITS/スーツ2』の第5話ではプロを目指す天才テニス少年を演じるなど、デビュー前にして芝居経験を重ねている。こうした背景もあり、今回の『#リモラブ』は初の地上波連ドラレギュラー出演になるが、堂々とした演技で波瑠演じる美々先生の恋路をサポートする。

 高橋の魅力はなんと言ってもその屈託のない笑顔と綺麗な声だろう。福地桃子演じる栞とカップル役で「~だ、このやろう」と決め台詞を言い合うシーンでも、そのかわいらしい笑顔で発する透き通った声が印象的である。

 そんな高橋だが、第1話ではカメラ目線で囁くように美々先生のことを紹介し、視聴者を作品に引き込むための重要な役割を果たしてくれた。さらに第3話では、かなり下手なムーンウォークを披露し、江口のりことの掛け合いのシーンも堂々とこなす。コメディの要素が必要になるシーンではしっかり笑いをとり、作品をリードしなければいけないシーンでは説明っぽくならないような自然な演技で作品を牽引し、ドラマを盛り上げる。とても地上波連ドラレギュラー初とは思えない器用な立ち居振る舞いで作品を彩ってくれている。

 ジャニーズが芝居で注目されるとなると、『3年B組金八先生』(TBS系)のときの風間、八乙女光(Hey! Say! JUMP)や『母になる』(日本テレビ系)のときの道枝駿佑(関西ジャニーズJr.・なにわ男子)などセンセーショナルな役に抜擢されたことがきっかけになることが多い。しかし高橋の場合は「明るく爽やかな看護師」という、一見何の変哲もない役でしっかりと存在感を見せつけているのだ。ジャニーズの枠を超えて芝居で活躍する可能性は今後も大いにありそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる