海宝直人、小南満佑子らミュージカル俳優が活躍 『エール』で届けられた“音楽”の持つ真のパワー

海宝直人ら『エール』で活躍

 再び夢を追いかけるも、思うようにいかない音(二階堂ふみ)を救ったのは裕一(窪田正孝)だった。持ちつ持たれつ、互いの音楽人生に大きく影響し合う音と裕一の姿が印象的なNHK連続テレビ小説『エール』第21週「夢のつづきに」では、裕一が教会で慈善音楽会を企画する。

 本作の特徴といえば、音楽とヒューマンドラマを掛け合わせたシナリオと、歌に彩られた演出であろう。普段は映像ではなく、舞台の上で活躍する俳優が名を連ね、歌も芝居も全力で演じる姿にパワーをもらえるのだ。第21週は音がオペラ「ラ・ボエーム」のオーディションに挑戦し、合格、そして降板を申し出るまでが描かれた。音楽学校時代に『椿姫』のプリマドンナの座をかけて切磋琢磨した千鶴子(小南満佑子)との再会から、オペラで共演する伊藤幸造(海宝直人)の登場など、ミュージカルでその名を馳せる俳優が大活躍した今週を、役者の紹介とともに振り返りたい。

ミュージカル界の申し子 海宝直人が登場

 幼い頃から子役としてミュージカルの舞台に立っていた海宝。劇団四季の『美女と野獣』のチップ役や、『ライオンキング』のヤングシンバ役として活躍していた海宝は、なんと言ってもミュージカルで培われた圧倒的な歌唱力が持ち味の俳優だ。日本のミュージカルのロングラン公演では同じ役を複数で演じることが多いのだが、5人はいるというヤングシンバ役のキャストの中からCD音源での歌唱を任されるなど、その実力は幼い頃から折り紙付き。さらに大人になってからは『ライオンキング』で大人の方のシンバ役に抜擢され、ヤングシンバ史上初、“大人になったシンバ も演じた俳優”として名を馳せた。

 今回『エール』では音の相手役・ロドルフォを演じる伊藤幸造として、のびのびとした歌声を披露。特に第103話から104話にかけては、音が経歴も不十分な上にまわりのキャストから実力の面で置いていかれるというシーンのため、音を遥かに超えるオーラと歌唱力が要求される。海宝はそんな伊藤を演じても歌のうまさという次元を越える“圧倒的な”差を魅せられる力を持った俳優だっただろう。プロとして、音の起用理由にも納得のいっていない伊藤はより良いものを作るべく音に厳しい指導をする。こうしたシビアな世界を表現する一端を担う役者として、海宝の力強い歌声と背筋の伸びた立ち姿は、作品に強い説得力を持たせた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる