『エール』まるで最終回のような大団円 二階堂ふみの歌声に込められた音楽の素晴らしさ

『エール』まるで最終回のような大団円 二階堂ふみの歌声に込められた音楽の素晴らしさ

 2020年も残すところ、あとわずか。『エール』(NHK総合)の最終回も近づき、どこか寂しさを抱える私たちに第21週「夢のつづきに」は一足早いクリスマスプレゼントを届けてくれた。

 思春期を迎えた華(古川琴音)の子育てが落ち着き、ふたたび歌手になる夢に踏み出した音(二階堂ふみ)。オペラ「ラ・ボエーム」のオーディションでヒロイン役を勝ち取るも、合格したのは音が作曲家・古山裕一の妻で、宣伝になるからという理由だった。自分の実力で選ばれたわけではないことを知った音は舞台を降板。“夢のつづき”が途切れた音に、裕一(窪田正孝)は孤児院・マリア園の教会で慈善音楽会を開くことを提案する。

 音と裕一は昔から何かと“教会”に縁がある。ふたりが知らず知らずのうちに初めて出会った場所も教会だ。そんな思い出の場所で、これまでは生きることに精一杯だった子供たちに娯楽の楽しさを届ける。何より、音の歌が聴きたいという裕一。そのために鉄男(中村蒼)が作詞、裕一が作曲した楽譜を見た音は、少しずつ慈善音楽会に向けて元気を取り戻していった。

 慈善音楽会当日は『エール』のスター大集合! 入り口では歌手の道をまた歩み出した久志(山崎育三郎)と、ようやく彼と結ばれた藤丸(井上希美)がサンタクロースの衣装でゲストを招き入れる。訪れたのは、“ミュージックティ”御手洗(古川雄大)とベルトーマス羽生(広岡由里子)。御手洗と久志はともにしのぎを削った、スター発掘オーディション以来の再会だ。

 それだけではない。音の「東京帝国音楽学校」時代の友人や、かつてライバルだった歌手の千鶴子(小南満佑子)。また、ケン(浅川大治)も加わりすっかり家族の顔になった東京関内家の夫妻、華とその想い人・渉(伊藤あさひ)の姿も。みんなが音の歌を聴くため、クリスマスの日に教会へ集まってきた。

 慈善音楽会では、子供たちが奏でるクリスマスソングから、久志と藤丸による昭和の名曲まで豪華演目が繰り広げられ、ドラマを観ている私たちも教会の観客と心が一体化する。まさかこんな素晴らしい音楽会を朝から堪能できるとは。そしてトリを飾るのはもちろん、音と裕一による演奏だ。まずは裕一が壇上に立ち、客席に向かって挨拶を述べる。

「音楽には、さまざまな力があります。慰めたり鼓舞したり、人はいろんな場面で音楽と関わります。僕は音楽家として、人に喜びをもたらす音楽を皆さんと共有していきたい」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる