森七菜の表情と演技を堪能できる! 『恋あた』は“本物”であることを証明する主演ドラマに

森七菜の表情と演技を堪能できる! 『恋あた』は“本物”であることを証明する主演ドラマに

 “逃げ恥”こと『逃げるは恥だが役に立つ』を皮切りに、“ぎぼむす”こと『義母と娘のブルース』、そして今年1月期に話題を集めた“恋つづ”こと『恋はつづくよどこまでも』と、そうでなくとも良質な作品が目立つTBS系列の火曜ドラマは、公式な略称が授けられるとたちまちに何らかの旋風を巻き起こしてくれる。そんな同枠で10月20日から放送されている『この恋あたためますか』も、すでに“恋あた”という略称が与えられているようで、それだけでこの2020年の鬱屈とした雰囲気を一蹴してくれる傑作になるような予感がひしひしと漂っている。

 その“恋あた”で、意外にも連ドラ初主演を飾るのが現在19歳の森七菜だ。昨年の1月期にブレイク候補の若手俳優たちが大挙として集まった『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の生徒役のひとりとして存在感を発揮し、その後は新海誠監督の『天気の子』でヒロインの声を務めるなど充実一途。2019年だけでもかなり密度の濃いフィルモグラフィとなり、筆者は以前「2019年最大のブレイク女優」と少々早とちり気味に紹介したわけだが(参照:森七菜、なぜ2019年最大のブレイク女優に? 小学生から結婚する女性まで演じた大躍進を振り返る)、この2020年にその当時の想定を大きく上回る活躍を見せてくれるとは。少なくとも、「この先数年間の若手女優界のトップを走る逸材」と評した(参照:森七菜、『3年A組』で一躍ブレイク 『東京喰種2』『天気の子』話題作にも出演するその魅力とは)ことは正解だったようだ。

 2020年における女優・森七菜の代表作をまず挙げるとするならば、それはやはりNHK朝の連続テレビ小説『エール』であろう。二階堂ふみ演じるヒロイン・音の妹である梅役を演じ、放送再開後の第14週から第17週にかけては岡部大演じる五郎との純真な恋模様が日本中に大きな癒しを与えたことは言うまでもない。朝ドラに出演するということは、必然的に多くの世代の視聴者の目に留まり、一気に知名度が上がることにつながる。その効果もあってか、今年は「オロナミンC」や「フジパン」など、CMへの出演も相次いだほどだ。

『ラストレター』(c)2020「ラストレター」製作委員会

 これまでも繰り返し語ってきたことではあるが、森の演技の持ち味は画面を独占せんばかりのモーションの大きさにある。しかもその大半が徹底した“陽”の空気に包まれていて、そこに時折すっと落ちるように“陰”の演技が現れると、たちまち視線を奪われてしまう。そんな力が著しいまでに発揮されていたのが、今年1月に公開された岩井俊二監督の『ラストレター』だ。松たか子演じる主人公の裕里の高校生時代役と、裕里の中学生の娘・颯香の二役。それだけでもキャスティングの妙に唸ってしまいたくなるわけだが、その出演シーンのほとんどが、いまや20代前半の若手女優界でトップに君臨する広瀬すずとの共演シーンであったことは重要なポイントである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる