MCU『シーハルク』主演候補が明らかに “弁護士モノ”×アメコミの化学反応に期待

MCU『シーハルク』主演候補が明らかに “弁護士モノ”×アメコミの化学反応に期待

 9月18日、Disney+(ディズニープラス)で配信が予定されているMCU/マーベル・シネマティック・ユニバース・ドラマ『シーハルク(原題)』の主役ジェニファー・ウォルターズを、タチアナ・マスラニーが演じると報じられました。タチアナ・マスラニーはSFドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』の主人公サラ役を演じていて、日本でも知っている方はいると思います。ファンにとっては『シーハルク』実現に向けて動き出したということでこのニュースは大きな話題になりました。

 ここではシーハルクというキャラについて、今後彼女がもたらすであろうMCUへの影響について書いてみたいと思います。なお、最近翻訳版が発売された『マーベル・エンサイクロペディア』において“シーハルク”表記になっているので、このコラムでは“シー・ハルク”ではなく“シーハルク”とします。

 まず前提として、MCUは今後、劇場用映画とDisney+の配信ドラマを組み合わせて展開していくということになります。現在ドラマの方ですでに製作に入っているのが『ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)』『ワンダヴィジョン(原題)』『ロキ(原題)』であり、今後『ミズ・マーベル(原題)』『ムーンナイト(原題)』そして『シーハルク』が予定されています。Disney+でのMCUドラマの第1弾は『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』と言われていましたが、コロナ禍で撮影が中断。なので撮影が先に終わっている『ワンダヴィジョン』が最初の配信になると言われています。

 ここで注目したいのは、ドラマ『ワンダヴィジョン』は劇場用映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』(長いタイトルですが、要はドクター・ストレンジの続編です)につながると言われており、今後は“映画と映画”だけではなく“ドラマと映画”もMCUの中ではつながっていきます。なので、この『シーハルク』もまず配信ドラマでデビューして今後映画の方に登場するでしょう。“今後彼女がもたらすであろうMCUへの影響”と書いたのはそのためです。

  さて、『シーハルク』は1980年のマーベル・コミックでデビューしました。そのタイトルからわかるとおり、シー(SHE:女性)なハルクで女性ハルクです。昨今の女性ヒーローブームが来る40年も前に、マーベルはこのユニークな女性超人を世に出していました。すごく簡単に言うと、彼女はハルクの従妹(笑)。ハルクに変身してしまうブルース・バナーの血を輸血した彼の従妹ジェニファー・ウォルターズが、やはり緑色の巨人になってしまうのです。

 このキャラが紹介された正式なコミックのタイトルは『The Savage She-Hulk(原題)』です。1962年に創刊されたハルク第1号『The Incredible Hulk(原題)』の表紙はブルース・バナー博士の後ろに巨大なハルクが立っていて周りの市民がビックリしているという構造でしたが、このシーハルクの表紙はジェニファー・ウォルターズの後ろにシーハルクが立っていてやはり市民たちが驚いています。ハルクはIncredible(無敵)でしたが、シーハルクはSavage(獰猛な)とより過激なフレーズになっています。ハルクに負けないぐらいすごい超人として売り出したかったのかもしれません(ちなみに、この号の表紙には1979MARVEL とコピーライト表記がありますが、実際にこの号が発売されたの1980年なのでこの年をデビューとしています)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる