『Free!』劇場版、『小林さんちのメイドラゴンS』と相次ぐ新作発表 京都アニメーション、再始動へ

『Free!』劇場版、『小林さんちのメイドラゴンS』と相次ぐ新作発表 京都アニメーション、再始動へ

 京都アニメーションが、2021年に公開・放送される2本の新作アニメーションを発表した。

 一つめは、2017年に放送された『小林さんちのメイドラゴン』の続編、『小林さんちのメイドラゴンS』、そしてもう一つは人気シリーズ『Free!』の完全新作劇場版だ。

 新作発表のプレスリリースに記載された情報は、特段変わったところはなく、シンプルに2本の続編を伝えるものだった。しかし、この2本の新作発表は、「ただの新作発表」以上の大きな意味をアニメファンは感じただろう。いずれも人気シリーズの続編であるということでも注目されただろう。ただ、新作への期待感よりも、京都アニメーションがいつものように、普段通りであるかのように新作発表をしてくれたことがファンにとって最大の希望になったのではないかと思う。

『Free!』は京アニのビジネスモデルを代表する作品

「Free!」完全新作劇場版 ティザーPV

 『Free!』は、水泳にかける男子たちの情熱と友情を描いた作品だ。2013年にTVシリーズ一期が放送されて以降、TVシリーズは3作、TVシリーズの総集編を含む劇場版は4作品が製作された京都アニメーションの人気タイトルだ。

 男子水泳部員たちのそれぞれ異なる身体つきを描き分け、男性の肉体美を追求したキャラクターデザインに、真に迫った水泳の描写、水という流体を的確に描いて見せるなど、京都アニメーションの技術力と演出力の高さが存分に発揮された作品だ。

 この数年で多くのシリーズが製作されていることからもわかる通り、本シリーズは、2010年代の京都アニメーションを代表するタイトルだ。それは、人気や内容面にとどまらない、同社のビジネスモデルを象徴する作品でもある。

 本シリーズは、京都アニメーションが主催する「京都アニメーション大賞」小説部門で奨励賞を受賞した、おおじこうじの『ハイ☆スピード!』を原案にしている。同作は、受賞後、京都アニメーションの自社レーベルであるKAエスマ文化から書籍化された後にアニメ化された。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメシーン分析」の最新記事

もっとみる