高橋メアリージュンの“良き同僚”がハマり役! 『私の家政夫ナギサさん』薫が追いかける幸せ

高橋メアリージュンの“良き同僚”がハマり役! 『私の家政夫ナギサさん』薫が追いかける幸せ

 裏表のない性格ゆえ、思ったことをはっきり口にするところも、メイに良い影響を与えている薫。結婚の条件に「今の自分の生活を1mmも変えなくていい人」と口にしたメイに呆れ返る同僚たちの中で、薫だけが「そういうこと言ってるからダメなんだよ」とツッコミを入れる。薫がメイの難点をはっきり伝えられる立ち位置にいることが、メイ、そして視聴者に、自身の恋愛観を思い返す糸口を与えているように思う。


 そんな薫も恋の悩みを抱えている真っ只中。田所に猛アピールしたあと、メイに「田所さんドン引きしたかも…」とメッセージを送っていた。薫が恋を全力で楽しんでいる様子は、馬場(水澤紳吾)から馴れ初め話を聞く姿や、メイが肥後にアプローチされる妄想をする姿から伝わってくる。田所はまだ、薫の告白に返事をしていない。メイの恋路も気になるところだが、今後描かれる薫の物語にも期待が高まる。

 本作は、メイやナギサ(大森南朋)、田所といった主要な登場人物だけでなく、メイの家族や職場の物語も同時に進んでいくのが面白い。キャラクターひとりひとりに丁寧にスポットライトが当たっていくため、それぞれのキャラクターが抱える悩みに視聴者が感情移入しやすいのではないだろうか。そんな中でも、底抜けに明るいキャラクター像が魅力的に映っている薫。果たして薫は幸せを掴めるのか。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■番組概要
火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』
TBS系にて、毎週火曜22:00〜放送
出演:多部未華子、瀬戸康史、眞栄田郷敦、高橋メアリージュン、宮尾俊太郎、平山祐介、水澤紳吾、岡部大(ハナコ)、若月佑美、飯尾和樹(ずん)、夏子、富田靖子、草刈民代、趣里、大森南朋
原作:『家政夫のナギサさん』(四ツ原フリコ著/ソルマーレ編集部)
脚本:徳尾浩司
演出:坪井敏雄、山本剛義
プロデューサー:岩崎愛奈(TBSスパークル)
製作:TBSスパークル、TBS
(c)TBS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる