お腹を空かせて観るのは危険!? 大原優乃が語る“女子”を捨てて挑んだ『女子グルメバーガー部』

お腹を空かせて観るのは危険!? 大原優乃が語る“女子”を捨てて挑んだ『女子グルメバーガー部』

 ドラマ25『女子グルメバーガー部』(テレビ東京ほか、毎週金曜深夜0時52分~)が、7月10日からスタートする。本作は、今ひそかにブームになっているグルメバーガーの魅力にハマった12人の女子たちが主役。12人の中から、毎回2人の悩める女子が登場し、これまで食べたことのないグルメバーガーを頬張ることで少しだけ前向きになる、オムニバス形式のグルメコメディドラマだ。

 今回リアルサウンド映画部では、佐々木美玲(日向坂46)とともに第1話に登場する、大学生・美藤こず恵役の大原優乃にインタビューを行った。役柄同様、今回初めて出会ったというグルメバーガーの衝撃や、今年1月期に放送されたドラマ『ゆるキャン△』との共通点などについて語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「バーガーを食べるときは“女子”を捨てた」

ーー今回のドラマの話を最初に聞いたときの印象は?

大原優乃(以下、大原):「テレ東さんの深夜っぽいドラマだな」というのが最初の感想でした(笑)。ただ、脚本を読ませていただいて、飯テロドラマではありつつも、グルメバーガーが繋いでいく12人の女の子たちのストーリーもすごく人間味があって、共感できる内容になっているなと感じました。観てくださる方には、ストーリーの中で好きな女の子を見つけて、楽しんでいただけたらなと思います。

ーー今回大原さんが演じられたこず恵は、佐々木美玲さん演じる映美にグルメバーガー店へ連れていかれるという役どころですが、大原さん自身はよくハンバーガーを食べられるんですか?

大原:私はあまり食に興味がある方ではなくて、わりとチェーンのお店とかにご飯を食べに行くタイプなんです。なので、今回こず恵と同じように、初めてグルメバーガーに出会ったときは衝撃でした。まずバーガーの厚みから驚きました。分厚すぎて一口でかぶりつけないぐらいで、一旦撮影が中断したりもしたんです(笑)。なので、「バンズをぎゅーっと押す」というセリフが足されたり、撮影も試行錯誤しながらでしたね。ドラマのタイトルには「女子」とありますが、食べるときは「女子」を捨てて、口を大きく開けて味わわせていただきました。

ーーたしかに食べるシーンはがっつり大きな口を開けられていましたね。

大原:ふふふふ(笑)。スタッフさんから、「下のバンズに下の歯をつけてから上のバンズを食べる」というアドバイスをいただいたんです。でもそうすると、最初は途中のお肉くらいまでしか噛めなくて……。本当に試行錯誤しながら挑みました。バーガーはボリューミーだったんですけど、実は、2つも食べたんです。けっこう体を張ったと思います!(笑)

ーー2つはすごいですよね(笑)。“グルメバーガー”の存在自体は知っていましたか?

大原:それが知らなくて、この作品のお話をいただいてから調べました。でも考えてみれば、海外の撮影とかで食べていたバーガーは“グルメバーガー”だったと思うので、知らないうちに出会っていたのかなと。自分から足を運んで食べに行くことはこれまでなかったので、この作品を通して私もデビューさせていただきました。

ーー“彼氏にフラれたばかり”というキャラクターの設定通り、冒頭にはこず恵がフラれてしまうシーンもありました。

大原:あのシーンが結構しっとりしていたので、撮影に入るまで、こず恵は涙を流して落ち込んじゃうような女の子なのかなと思っていたんです。リハーサルでもそういう感じでやったんですけど、監督から「もっとコメディに寄せてほしい」と言われて。なので切り替えて、全力でコメディを楽しませていただきました。その辺りにも注目していただきたいです。

ーー喫茶店店員の映美を演じる佐々木美玲さんとの共演はいかがでしたか?

大原:みーぱん(佐々木美玲)とは同い年なんです。撮影で一緒になることは日数的には多くはなかったんですが、好きなドラマの話など、同世代だからこそできる会話を撮影の合間にできたので、すごく楽しかったです。みーぱんはずっと笑っていて、天真爛漫で真面目。それに、努力家でもあるという印象でした。所作が美しくて、立ち姿も綺麗で、食べるときも大きな口で食べているのになぜか美しくて。それがみーぱんの魅力だなって思いました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ