『浦安鉄筋家族』ドラマ化は絶妙なキャスティングで期待大 成功の鍵は“演出”と“脚本”?

『浦安鉄筋家族』ドラマ化は絶妙なキャスティングで期待大 成功の鍵は“演出”と“脚本”?

 浜岡賢次の『浦安鉄筋家族』(秋田書店、以下『浦安』)がドラマ化されると聞いて、無茶なことするなぁと思った人は少なくないだろう。

 1993年にスタートした『浦安』は、現在も『あっぱれ!浦安鉄筋家族』のタイトルで、『週刊少年チャンピオン』で連載している人気ギャグ漫画。千葉県浦安市で暮す小学生・大沢木小鉄を主人公にした本作は、面白い顔をしたキャラクターが面白い動きをしながら「滑って転んで」を繰り返すドタバタコメディ。笑いのピタゴラスイッチとでも言うようなギャグ漫画で、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社)が連載終了した今となっては、長編ギャグ漫画・最後の砦とでも言うような存在である。

 今までアニメシリーズは二度作られているが、実写ドラマ化は今回がはじめて。初期に比べるとだいぶ薄まったが、ここには書けないような下ネタもいまだ健在で、だからこそ「ドラマでやるのは難しいのでは?」と困惑したが、絶妙なキャスティングを見ていると、むしろイケるんじゃないかと期待しはじめている。

 どうやらドラマ版は小鉄たち小学生の物語が中心にあるのではなく、佐藤二朗が演じるタクシー運転手のお父さんを中心とした家族の物語となるようだ。元々『浦安』は長い連載であるため、小鉄たちの他のサブキャラのエピソードも豊富なのだが、ど真ん中となる小学生パートに比べれば、ドラマ化しやすいのかもしれない。俳優陣も豪華で、母親の順子を最近は不倫ドラマでのエクセントリックな演技が話題の水野美紀、長女の桜を若手実力派女優の岸井ゆきの、そして桜の恋人・花丸木をなんと染谷将太が演じる。現在、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で織田信長の怪演が話題となっている染谷だが、このキャスティングにはびっくりした。だが同時に思ったのは、花丸木(何かあると不可抗力で全裸になってしまう)を演じられるのは、天才キャラを演じまくっている染谷以外には考えられないとも言える。

 また、先日まで同枠の『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系)で主役を演じていた滝藤賢一も出演。他にも松井玲奈、大東駿介、宍戸美和公、坂田利夫などが出演予定で、まだまだ隠し球も多そう。今やテレ東の深夜ドラマだから地上波のドラマに比べてキャスティング面で劣るということはないのだが、この俳優陣を見ているだけでもワクワクするものがある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ