>  >  > 福田雄一が引き継ぐコントバラエティの伝統

福田雄一が引き継ぐコントバラエティの伝統 『今日から俺は!!』OPから作り込まれた世界観を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『今日から俺は!!』(日本テレビ系)が好評だ。

 日曜夜22時30分から放送されている本作は、『少年サンデー』(小学館)で連載されていた西森博之の少年漫画をドラマ化したものだ。物語の舞台は80年代。主人公は千葉県にある市立軟葉高校に転校してきた三橋貴志(賀来賢人)と伊藤真司(伊藤健太郎)の二人。三橋は髪を金髪に、伊藤は髪をトゲトゲ頭にし、不良として高校デビュー。不良たちと次々とケンカを繰り広げながら、同級生のスケバンや風紀委員とも仲良くなるというラブコメテイストのヤンキーモノである。

 脚本とチーフ演出を担当しているのは福田雄一。テレビドラマでは『33分探偵』(フジテレビ系)や『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)、映画では『銀魂』などのコメディ作品で知られるヒットメイカーだ。

 一時期は深夜ドラマに必ず一作は福田作品があるという状況が続いていたが、福田ドラマはワン・アンド・オンリーの存在で、特に、自分で書いた脚本を自分自身で演出するようになってからは、その独自性が際立っている。

 その意味で、コメディ作家であると同時に、優れた映像作家だと言えよう。『今日から俺は!!』でも、映像に対するこだわりは健在だ。本作を見て何より驚くのは、舞台となる80年代を再現しようとする作り込みの深さだ。

 例えばOPの主題歌を歌うライブ映像。80年代にデビューし、本作でもナレーションを担当しているタレント・嶋大輔の代表曲「男の勲章」をドラマ出演者で結成した“今日俺バンド”がカバーしているライブ映像が流れるのだが、このライブ映像が本当に素晴らしい。テロップは大きめで映像は少し粗く、まるでブラウン管で80年代に放送されたものを見ているかのようである。

 こういった作品の世界観を作り込む映像へのこだわりは、同じ80年代を舞台にした『アオイホノオ』(テレビ東京系)から強まっている。福田が脚本と演出を兼任しているからこそ、ここまで細部のディテールを追求できるのだ。

【今日から俺は!!オープニング】主題歌・男の勲章ノーカット引きカメラ映像大放出!ご要望にお応えして撮影時全貌をお見せしちゃいます!

      

「福田雄一が引き継ぐコントバラエティの伝統 『今日から俺は!!』OPから作り込まれた世界観を読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版