『恋つづ』で注目の渡邊圭祐が明かす、恋と俳優に通ずるマインド 「自分で動いてなんぼ」

『恋つづ』で注目の渡邊圭祐が明かす、恋と俳優に通ずるマインド 「自分で動いてなんぼ」

 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で新人ナースの佐倉七瀬(上白石萌音)とドSドクター・天堂浬(佐藤健)の関係に注目が集まるなか、もうひとり、恋に奔走する人物がいる。天堂の姉である流子(香里奈)に夢中になっている、七瀬の同期の新人看護師・仁志琉星だ。

 仁志を演じる渡邊圭祐は、『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)でデビューして以来、今作が俳優として挑む2作目。「すごく挑戦的で楽しめている」と語る、若手俳優としての素直な心境から、現場で感じた上白石と佐藤のオーラの色まで教えてくれた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「“自分がどれだけ楽しめるか”を糧に生きています」


――出演が決まった時のお気持ちは?

渡邊圭祐(以下、渡邊):シンプルに嬉しかったですね。『仮面ライダージオウ』でウォズ役を1年間やってきて、キャラとしてのイメージがすごく強かったので、次にどんな作品でどんな役を演じるかはすごく大切だと思っていて。仁志はウォズとは真逆の人間的かつ弱々しい役どころで、演じるのも、視聴者の方の反応も楽しめそうだなと思いました。

――『仮面ライダー』に次ぐ2作目ということで、臨む上で意識は違う?

渡邊:1作目は、緊張よりも期待感の方が大きかったんです。ワクワク感もあるし、撮影ってなんだろう、役者ってなんだろう、芝居ってなんだろうって。今回は、ある程度やり方はわかっているけど畑が全然違うので、そういう中で自分の見せ方、居方、馴染み方を考えなきゃいけない。それに、『仮面ライダー』では全員が一緒にスタートラインに立って「ドンッ」と走り出すイメージだったけど、今回は全然違う。周りは僕が学生時代にテレビで観ていた方々なので、「絶対にセリフを飛ばせない」といったプレッシャーもありつつ、良い緊張感の中でお仕事ができているのかなと。でも、心構えが大きく変化したということではありません。やれることを精一杯やるというマインドは変わっていなくて、その中で“自分がどれだけ楽しめるか”を糧に生きています。

――より楽しくなっている?

渡邊:楽しいです。「どれが正解なのかな?」と前より悩んでいますし。「この身振り手振りかな~」と思ったら、監督やプロデューサーに「オネエっぽい」と言われて「塩梅わからない!」って(笑)。原作ではBL要素があるキャラクターなので、そこを踏襲してもいいのかなと思ったんですけど……。自分の中で調節がまだうまくいっていないので、そういった意味でもすごく挑戦的で楽しめています。

――仁志とご自身に、共通点はありますか?

渡邊:性格は真逆だと思います。ヘタレって、なりたくてなりなれるものでもないし、なりたくてなろうとするものでもないのに、愛されるわけじゃないですか。だから、ずるいなぁって、ある種の憧れでもあって。僕は仁志と違ってあまりリアクションを取らないし、冷静というかドライなので、“自分はこうやりたくない”っていうところを選んで、仁志には歩かせている感じです。

――自分の考えと逆の道を進むと。

渡邊:でも、“自分の感情にすごく素直”という似ているところもあるんです。血を見てびっくりするのは、“病弱だったから、トラウマがある”っていう設定を自分の中で勝手に持ってはいるんですけど、血を見て驚くとか、一目惚れしたら2回目で告白しちゃうとか、仁志は感情の歯止めが利かない子。僕も不機嫌な時は本当に不機嫌になるし、テンションが上がった時は、しっかりそこに準じた行動を取るし(笑)。変な裏読みがないというか、素直なところでは似ているのかなと思います。

――演じるのは難しいですか?

渡邊:僕は感情に素直だけど、それを言葉で発するタイプではなくて。常にちょっとした嘘をついていたくなっちゃうので……いたずらでとかですよ?(笑)。あとは好感度を人一倍気にするので、リップサービスも考えますしね(笑)。僕自身は物事をストレートに伝える機会があまりないので、楽しくもあり、苦労しているところでもあります。

――共演者から刺激をもらったことは?

渡邊:こういうアプローチもあるんだとか、こうやって役のイメージに持ってくるんだとか、全員から“アッ”と思わされることはあるんですけど、特に上白石萌音さんはすごく尊敬しています。疲れているはずなのに、絶対笑顔でいますし、僕らに対しての気配りも忘れない。一度お食事会で、スタッフさんから「こんなに全員から愛されている役者はいない」と言われていて、いいなぁと思いながら、そりゃそうだって(笑)。八方美人ではないんですよ。根から出る優しさが、素晴らしいと思います。

ーー周りも明るくなりますよね。

渡邊:そうですね。上白石さんと健さんは違う魅力を持っているので、どちらがいるかで現場の雰囲気が違うんですよ。上白石さんがいる時は、優しいパステルカラーのような現場。ふんわりしたフローラルの香りがする柔軟剤みたいな。健さんがいる時は、原色っぽい強い色で、ピシッと良い緊張感が走っています。すごく良い2人が上に立ってくれているなと感じますね。健さんも、もちろんパステルにもなれるけど、たぶん上白石さんがパステルパステルしてるから、それを覆い尽くすように原色でやってくださっているのかなって。キャラクターもあるとは思いますけど、おもしろい現場ですね。

ーー改めて、佐藤さんのすごいところは?

渡邊:難しいんですよね……うまい言葉が全然見当たらなくて。もちろん魅力の塊で、引き込まれるような、吸い込まれるような黒い魅力を持った方なんですけど、本当に“佐藤健”なんですよね。

――カテゴリーが“佐藤健”だと(笑)。

渡邊:優しい人、厳格な人、おもしろい人、佐藤健、みたいな(笑)。いろんな魅力があるし、全部が深い気がします。人が惹かれていくのもわかるし、だからいろんな役が似合うんだろうなと思うし、すごいですよ。 幕末で人を斬っていた人が、今は執刀医ですから(笑)。

ーーそうですね(笑)。魔王を感じる部分はありますか?

渡邊:目付きは魔王です。ふとした目付きがすごく鋭いんですよ。(全体を)グワーッと飲み込むんじゃなくて、スッと入ってきて、内側からじわっと広がっていくような目付き。“蛇に睨まれたカエル”っていうのは、あの方のための言葉じゃないかなって思います(笑)。話しかけてくださると、それが一瞬でなくなるんですけどね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ