上白石萌音×佐藤健『恋はつづくよどこまでも』対談後編 素で照れ合う“七瀬の妄想シーン”秘話

上白石萌音×佐藤健『恋はつづくよどこまでも』対談後編 素で照れ合う“七瀬の妄想シーン”秘話

 上白石萌音と佐藤健が同名少女漫画を実写化する火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。第2話では上白石演じる七瀬が、正式に循環器内科に配属され、“天堂担”に任命。相変わらず当たりの強い天堂だが、ネットの反応を見ると、七瀬の妄想シーンで天堂が放つ甘いセリフに視聴者も続々とノックアウトされているようだ。

 リアルサウンド映画部では、上白石と佐藤に対談インタビューを行い、2週にわたってお届け。後編では、役作りの裏側、互いに影響を受けているという共演者とのコミュニケーションについて明かしてくれた。(編集部)

※上白石萌音×佐藤健『恋はつづくよどこまでも』対談前編 「ズタボロ」と嘆く、天堂の怒りシーンの裏側

上白石「私が追いつかなきゃいけない」


――上白石さん演じる七瀬の魅力はどこにあると思いますか?

上白石萌音(以下、上白石):一生懸命な人ってキラキラしてるけど、七瀬はその最たる例。こんな風に何事にも一生懸命、常に100%でできたら素敵だなと思うので、演じる上で私も100%でやらなきゃなって。どこを取っても魅力的な子なので、私が追いつかなきゃいけないと思っています。

佐藤健(以下、佐藤):可愛いですよね。見ていておもしろいというか、愛おしいなと思える子です。

――天堂先生はストイックだけど、患者さんと話す時はにこやか。そのギャップが魅力だと思いますが、どう捉えて演じている?

佐藤:まだ迷っていて、フワフワしてます。(ツンとデレを)そんな分ける!? って。患者に対する笑顔はビジネススマイルなのかなと思っちゃうくらい(笑)。

――そういった演技に対する迷いは、これまでにもあった?

佐藤:当然ありましたね。毎回、これでいいのかなと思いながらやっています。特に今回は漫画原作なので、リアルな人間に落とし込む必要はありつつ、人間ではないキャラクターを演じなくてはいけないので、迷っているところもありますね。

――では、佐藤さんから見た上白石さんは?

佐藤:すごい照れてます。僕も照れるんですけど、素で照れる時のアウトプットの仕方がかわいいですね。芝居なのかもしれないですけど……。

上白石:芝居です。ふふふ(笑)。

佐藤:だとしたら、カットがかかった直後の芝居が一番うまいよ。一番照れてる(笑)。

上白石:身に覚えはないですが、反省します(笑)。

――七瀬の妄想シーンは、とくに照れてしまいそうですね。

佐藤:ベッドに寝ている天堂が、七瀬に「おいで」と言う場面があって。ピトッてくっついて寝るシーンなんですけど、彼女がテンパりすぎて頭からベッドに入ってくるっていう。

上白石:(顔を赤らめ大爆笑)

佐藤:そのまま「頭突きしちゃった。すみません!」と帰っていく謎行動がありました(笑)。

上白石:ふだん怒られているシーンとのギャップがすごいんですよ。だから「次の妄想シーンはいつですか?」って聞きたくなるくらい楽しんでいます。

――撮影のご褒美ですね(笑)。役作りについても聞かせてください。

佐藤:この作品にとって、どういうアプローチの仕方がベストなんだろうと都度考えています。今回はシンプルで、どうやって天堂を魅力的に見せるか。どうしたら視聴者の方に好きになってもらえるだろうっていうことを念頭に置いてやっています。

上白石:私は知り合いの看護師さんに話を聞いたり、本を読んだりして、純粋に看護師への憧れを強めました。あとは、何はともあれ天堂先生ファーストみたいな(笑)。七瀬の頭はきっと“天堂先生”と“ナース”でいっぱいなので、私もそうなりたいなと思っています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ