『スカーレット』における理想の夫とは? 信作と百合子はどんな家庭を築くのか

『スカーレット』における理想の夫とは? 信作と百合子はどんな家庭を築くのか

 1月29日放送の『スカーレット』(NHK総合)99話で大野信作(林遣都)と川原家の三女・百合子(福田麻由子)が結婚を報告し、正式に夫婦になることが決まった。92話で信作がプロポーズしてから劇中では半年が経過。その間、鮫島正幸(正門良規)による二女・直子(桜庭ななみ)への公開プロポーズも成功し、川原家の三姉妹がそれぞれパートナーを得たことで、物語も後半に向けて加速しそうな予感がある。

 信作と百合子のなれそめは昭和22年にさかのぼる。川原家が信楽にやって来たとき、百合子はまだ赤ん坊だった。雑貨店を営む大野家と川原家は家族ぐるみの付き合いで、同級生だった喜美子(戸田恵梨香)とは、熊谷照子(大島優子)も加わって、互いに「腐れ縁」と呼び合う文字通りの親友。百合子からは「信兄い」と慕われる兄妹のような間柄だ。

 不器用でシャイな信作の面倒見の良さは親譲りのものだ。そもそも川原家が信楽に来たのも、戦争中に常治(北村一輝)に命を助けられた父・忠信(マギー)が「恩返しに」と声をかけたことによる。その後も川原家に電話を貸したり、カフェ・サニーで使うコーヒー茶碗を喜美子たちに発注するなど陰に陽に支え続けてきた。三姉妹をよく知る信作が親戚になったことは、喜美子たちに確実にポジティブな影響を与えることだろう。

 直子の夫・鮫島については、直子が東京で勤めていた熨斗谷電機の同僚であるということ以外、わからない部分も多いが、大阪出身のひょうきんな性格で周囲を明るくするキャラクターである。劇中では、缶ぽっくりに乗ろうとして奮闘したり、直子の入れ知恵で川原家に金を無心しに行くなど、気の強い直子の尻に敷かれている印象が強い。一方で喜美子やマツたちと早々に打ち解けているところを見ると、川原家との相性は案外悪くなさそうだ。常治のユーモア要素を受け継ぐ存在になればおもしろい。

 腐れ縁トリオの一角、照子は3人の中で最初に結婚。夫の敏春(本田大輔)との間に4人の子どもを授かり、夫婦で丸熊陶業を切り盛りしている。1年に1回、恒例の離婚騒動はあるものの、照子の様子を見る限り夫婦仲は円満そうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ