荒牧慶彦×和田雅成、『REAL⇔FAKE』で引き出されたそれぞれの素顔 「一度に二度おいしいドラマ」

荒牧慶彦×和田雅成、『REAL⇔FAKE』で引き出されたそれぞれの素顔 「一度に二度おいしいドラマ」

 MBS/TBS系ドラマイズムで放送されているオリジナルドラマ『REAL⇔FAKE』。

 本作には、荒牧慶彦、植田圭輔、小澤廉、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、染谷俊之、そして蒼井翔太と、舞台、特に2.5次元ミュージカルで活躍する俳優が勢ぞろい。天使の歌声をもつ“歌姫”・朱音(蒼井翔太)が、俳優、アイドル、歌手など各界のスターたちが一同に揃う新ユニットプロジェクト「Stellar CROWNS」への加入によって世間の注目を集めているところ突如失踪。自殺説も流れるが、事務所宛に届いた怪文書には「朱音は生きている。犯人は、プロジェクトメンバーの中にいる」とあり、その犯人を探すべく、映像ディレクター・守屋(染谷俊之)が、ドキュメントムービーの撮影を口実に、シェアハウスで共同生活を始めた「Stellar CROWNS」メンバーに密着し始める。

 登場人物たちもカメラのオンとオフの時では異なる顔を持っており、キャストの個性に合わせた脚本・キャラクター設定となっている。荒牧慶彦演じる「Stellar CROWNS」のメンバー牧野凪沙は、元アイドルで、カメラの前では上品かつ穏やかで聡明だが、実は心配性で気弱。また、凪沙の同期であり、ルームシェアの相手である瀬名征行を、和田雅成が演じる。これまでの共演歴も多い荒牧と和田の2人に、本作の撮影の裏側や作品の魅力について話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

荒牧「『このメンバー、スケジュール合うのか!?』と(笑)」

ーー本日クランクインですが、撮影はいかがでしたか?

荒牧慶彦(以下、荒牧):すごくやりやすかったです。さくさく撮影が進むし、監督の毛利(亘宏)さんもスタッフさんたちも、作品のビジョンをすごくはっきり持っていらっしゃって。役に対しても的確なアドバイスをたくさんいただくことができました。

ーー普段は舞台でのご活躍が中心ですが、ドラマの現場はまた違いますか?

荒牧:そうですね。舞台と違って、どこまで細かく演技をしていいのか、どこまで振り切るべきなのかとか、経験が浅いがゆえにわからない部分を補っていただけました。

ーー和田さんはいかがですか?

和田雅成(以下、和田):まっきーが言ってくれたのと全部一緒です!

荒牧:俺先にしゃべるのやめようか?(笑)。

和田:いやいや(笑)。舞台と映像だと全然違うんですが、「役を生きる」という面では変わらないんです。どこまで自分のものにして、自分の血を通わせられるか。それを画面越しでもしっかり伝えようという意識を持ってやっています。

ーー共演者のみなさんも、過去に一緒に舞台に立っている方が多くいるかと思います。

荒牧:最初にオファーをもらった時の感想は、「このメンバー、スケジュール合うのか!?」というところでした(笑)。単純にそれが実現できたら嬉しいし、楽しみだなと。僕は、染くん(染谷俊之)とはすごく久しぶりの共演で。「Twitterではよく犬の写真見ているけど、染くんは元気でやっているかな?」とか(笑)。 龍之介くん(松村龍之介)や翔太くん(蒼井翔太)くんとは共演したことはないのですが、交流はあって、今回一緒に芝居ができるということで楽しみでした。

和田:僕は蒼井さんははじめましてで。実は作品の構成上、撮影でもそんなにお会いする機会はないんですが、『REAL⇔FAKE』は彼が演じる朱音が中心に回っていく作品なので、どういうお芝居されるんだろうと気になりました。まっきーはもちろん、他のメンバーは一緒にやったり、お芝居を観に行ったこともあるので、信頼感、安心感はありましたね。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ーードラマとして、設定やストーリー展開含めて特殊なところが多い作品なのかなと。

荒牧:その一癖あるところがが面白くて。1つのキャラクターでも、2つの顔を作らなきゃいけない。カメラを回っている時と回っていない時で落差をつけたいなといろいろ試行錯誤するのは、役者としての楽しみのひとつです。僕もまーしーも、普段はキャラが変わるタイプじゃないので。もちろんお客さまの前だとギアはひとつあげるんですけど、そこまで変化が激しいわけじゃない。だからこそ楽しいんですよね。

和田:僕が演じる征行は、裏表はあるんですけど、そこまで違わず、「こう演じ分ける」というのもそこまで台本には書かれていませんでした。なので、特に意識せず自然に自分を乗せればそういうふうに見えるんじゃないかと。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる