>  >  > 現代のお仕事ドラマ、高評価の秘訣は?

多部未華子、吉高由里子の主演作が高評価 2019年のお仕事ドラマに現れた“ルール遵守”のヒロイン

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多部未華子がハマり役だとじわじわと話題を呼んでいるお仕事ドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合)。前クールで人気を誇った『わたし、定時で帰ります。』(TBS系、以下『わた定』)も同じく仕事を題材とした作品で、両作とも小説が原作だった。

 「定時で帰ること」をモットーにWEB制作会社で働く吉高由里子扮する結衣と、「何事もイーブン」が信条の経理部の森若さん(多部未華子)。双方ともに「定時」と「経費」という会社のルールを厳格に守るヒロインが主人公で、それを守らない他の社員との攻防から、それぞれが抱える事情や会社の問題が見えてくる問題提起型ドラマだ。様々なケースが紹介される中で、視聴者の誰もが他人事とは思えないような「あるある」が描き出され、そんな状況下でヒロインが「正しさ(ルール)」を貫くことにためらいを感じつつも、自身の信条を持ってして仕事を全うし、折衷案を見出していくという痛快さもある。グレーゾーンをグレーのままにしてはおかず、見て見ぬ振りして暗黙の了解に従うその他大勢とは異なるヒロインの姿は、ある意味会社内で勧善懲悪を体現する『水戸黄門』要素もあり、毎話視聴後のスッキリ感が病みつきになるファンも多いのではないだろうか。

『これは経費で落ちません!』(写真提供=NHK)

 ただし“勧善懲悪”とは言ったものの、2人のヒロインが単にルールを押し付けるだけの“正しさの暴力”を行使するのではなく、相手の事情も鑑みながら彼らの仕事ぶりやコンプレックスを「正しさ」を持って肯定し、正当に評価しモチベートしていく点が両作のヒットのミソであり、共通項として挙げられる点でもあるだろう。

 このように似通っているところも多い一方で「似て非なる」部分もある両作。最も大きな違いは、2人が追求する「正しさ」のわかりやすさ、明文化度合いだろう。

 森若さんは部署自体が「経理部」で、経費処理が業務である。そのため森若さんが他の社員の経費申請をチェックし異議を唱えるのは職務上当然のことであり、誰からも咎められない。また経費の不正利用はたとえどんな状況下であっても罰せられる対象で、誰にとってもわかりやすく「悪」である。

『わたし、定時で帰ります。』(Blu-ray)

 しかし、『わた定』の結衣が信念とする「定時で帰ること」というのは、昨今かなり働き方改革が進んでいるものの、あくまで個人の自由や裁量による部分が大きく、いまだに所属組織や状況によっては必ずしも良しとされる訳ではない考え方である。その点では結衣のほうがこの多様な働き方が認められ始めつつある過渡期に、より自身の信念を持って「定時帰り」を死守していたように思える。結衣の会社には同じように毎日定時帰りする者はいなかった。そんな中、ある種最先端の働き方としてロールモデル不在だからこそ、結衣が覚悟を持ってしてその仕事ぶりで周囲を説き伏せ、より高度に関係各所に根回しし、「落とし所」を常に見つけていたように思われる。

      

「多部未華子、吉高由里子の主演作が高評価 2019年のお仕事ドラマに現れた“ルール遵守”のヒロイン」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版