多部未華子が本当に輝くのは30代から? 『これは経費で落ちません!』の“森若さん”が大評判

多部未華子が本当に輝くのは30代から? 『これは経費で落ちません!』の“森若さん”が大評判

 今期は上野樹里、黒木華、石原さとみ、深キョンなどのドラマがよく記事で取り上げられているように、近年はアラサー女優の主演ドラマが話題を集める傾向がある。そんな中、久しぶりにドラマの主演を務める多部未華子が、ドラマ10の『これは経費で落ちません!』(NHK総合)で評価を高めている。

 多部が演じているのは、中堅せっけん会社の経理部員・森若沙名子。毎回、社員たちが提出する領収書や請求書から感じる違和感をもとに、経費で購入した物品の私的流用や、「自腹」で処理してしまっている小物、不正などの「真実」を探っていく物語だ。

 「経理部」のお仕事モノというと、「細かい部分を突いてくる、正しくも面倒な人たち」をイメージする人も少なからずいるだろう。また、正義感で社内の不正を暴き、バシッと決め台詞で解決……といったヒロインを想像する人もいるだろう。

 だが、このヒロイン・森若は、不正を暴いたことで社員を退社に追い込んでしまうことになった過去により、「うさぎを追うな!」と自分に言い聞かせ、深い追及を避けようとするときもある。それでもやはり「違和感」や「不正のニオイ」は放置できない。

 その心の揺らぎが本作の魅力の一つでもある。そして、これは多部未華子だからこそ表現できるものだろう。

 何故なら、違和感を追及する表現は、ともすればヒステリックになったり、大仰になったりしかねないし、逆に感情的にならずに自分がなすべき「経理の仕事」を粛々と行う姿は、上手な役者が演じなければ、よくある無表情で天然なロボット演技になりかねないからだ。

 その点、多部未華子には、真っすぐで強い「芯」がありつつ、柔らかさもある。正義感と迷いとの間で葛藤する様も、実に繊細で、抑制された感情表現の中にも、日々のタスクを粛々と行う心地よさや達成感がわずかな微笑みから感じられる。

 これは、本来、表情豊かで、多彩な感情表現を持つ多部未華子だからこそ出せる心の機微ではないだろうか。彼女の姿勢の良さや凛とした佇まい、心地よく響く声によるところも大きいと思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる