>  >  > 『あなたの番です』ラストシーンの真意とは?

『あなたの番です』真犯人・西野七瀬の本性が明らかに ラストの「無人の車椅子」が意味すること

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大方の予想通りの結末といったところだろうか。ホテルの一室で、突然二階堂(横浜流星)から襲われた翔太(田中圭)が目を覚ますと手足を拘束され、腕には塩化カリウムと繋がった点滴が挿さっている。そして隣のベッドには同じような状態の沙和(西野七瀬)の姿が。そこへ現れた二階堂は翔太に“ゾウさん”か“キリンさん”かの選択を迫り、抵抗する翔太に怯む二階堂に沙和は「二階堂さんには無理でしたね」とつぶやく。そして始まる“連続殺人犯”黒島沙和の告白。

 8日の放送で、半年間つづいた物語のフィナーレを迎えた日本テレビ系列日曜ドラマ『あなたの番です』。先週の衝撃的なクライマックスの直後、ネット上の考察では二階堂の行動は沙和をかばってやったことではないかという説が有力視され、必然的に黒幕=沙和ということがほぼ当確状態になっていたのはいうまでもない。それだけに、最終回が始まって早々にすんなりと明らかになる本性。それは人を殺さずにはいられない、マーダーホリックとしての一面。まるで一昨年吉高由里子主演で映画化された沼田まほかるの『ユリゴコロ』を想起してしまう設定だ。

 “交換殺人ゲーム”で波止(水石亜飛夢)の名前を書き、彼が殺されたことで自分の番が来たと、赤池美里(峯村リエ)夫婦を殺害。そして児嶋佳世(片岡礼子)や事件の真相に気付いた浮田(田中要次)を殺し、ゲームと離れたことから“軌道修正”として甲野を内山(大内田悠平)に殺させたこと。波止を殺した犯人が自分の“仲間”ではないかと思い、探す目的で例の表を作ってみたり、“アフターケア”として田宮(生瀬勝久)に甲野の遺品を送りつけたり甲野の遺族に香典を送ったりしていたこと。そして菜奈(原田知世)が牡羊座のラッキーデーに事件が起きることに気付き始めていたからと、“先手”を打って殺したこと。

 菜奈を殺した犯人に復讐することを誓い、必死で捜しつづけた犯人の正体が身近な人物であったことがわかり、そのあまりにも身勝手な動機に感情をあらわにせずにいられない翔太。しかも思い返してみれば、翔太が菜奈の死体を発見した時に、一緒にいてカメラを回していたのが沙和だったわけだ。一方で、「AIが客観的に分析すればするほど、僕の人としての感情を優先したくなる」と、初めて好きになった沙和という女性への想いと、良心の狭間で揺れ動く二階堂の姿。このドラマを“犯人は誰か?”という一点にのみに重きを置いて見れば、あまりにもシンプルな結末であったようにも思えるが、“愛した人が殺された翔太”と“愛した人が殺人者だった二階堂”が手を取り合って真相に辿り着くという対比が生まれた点で、この後半の「反撃編」には実に見事なドラマ性が生み出されていたいえるだろう。

      

「『あなたの番です』真犯人・西野七瀬の本性が明らかに ラストの「無人の車椅子」が意味すること」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版