>  >  > 舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』レポ

A.B.C-Z 橋本良亮、舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』で見せた“健康的な”狂気の演技

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.B.C-Z 橋本良亮が主演を務める舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』が上演を迎えた。同作は、イギリスの劇作家であるトム・ストッパードの作品。英語の原題は『Every Good Boy Deserves Favour』で、これは五線譜を覚えるための語呂合わせとして知られている言葉。五線譜は下からミ(E)・ソ(G)・シ(B)・レ(D)・ファ(F)。“Every Good Boy Deserves Favour”の頭文字を覚えれば、譜読みの際にすぐに思い出せるというわけだ。この語呂合わせのように、同作には「理屈は二の次でこう覚えれば大丈夫」と教え込まれ、何の疑問も持たずに生活をしている世の中に一石を投じるようなテーマが込められている。

 物語の舞台は、ソビエトと思われる独裁国家の精神病院の一室。誹謗罪で捕まった政治犯の男、アレクサンドル・イワノフ(堤真一)と、オーケストラを引き連れている妄想に囚われた男、アレクサンドル・イワノフ(橋本)という同姓同名の2人が同じ病室となる。言論の自由を主張するアレクサンドルと、想像の自由を主張するアレクサンドルという、社会からはみ出した2人を世の中はどう扱うのか。その様子が1時間15分というコンパクトな時間の中で描かれている。往々にして舞台とは明確な答えを示さないものだが、『良い子はみんなご褒美がもらえる』はとにかく幅広い解釈ができる。深く考えれば考えるほど様々な解釈ができるため、非常に難しい舞台と言えよう。筆者個人的には、「弱い人間・強い人間とは?」と考えるきっかけになったし、クライマックスでは2人は厄介払いされてしまった上に、アレクサンドル(堤)は気が狂ってしまったと解釈をしたが、これも人によって感じ方が違うだろう。

 とにもかくにも非常に引き付けられる内容だが、それ以外でも見どころがたっぷりある。例えば、出演者。橋本とW主演を務めたのは、どんな役でも演じこなしてしまう俳優・堤真一。演技の熱量が高く、発声も非常に聞き取りやすく、「さすが」と言わざるを得ない存在感を示していた。そして、緊張感のある作品の中に小気味よいスパイスとしてエッジを効かせていた小手伸也、舞台の世界の中ではどこまでも正しい人であり、2人のアレクサンドル・イワノフとの対比のような存在になっていた斉藤由貴……。さらに、35人のオーケストラも登場人物として舞台上に常駐しており、迫力は段違いだ。音響効果のタイミングもバッチリだったため、ダイナミックさも十分に感じることができた。

      

「A.B.C-Z 橋本良亮、舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』で見せた“健康的な”狂気の演技」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版