>  >  > 『華氏119』本予告編

トランプ大統領「私の映画は撮らないでくれよ」とマイケル・ムーアに懇願 『華氏119』本予告公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月2日公開の映画『華氏119』の本予告編が公開された。

 本作は、『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『シッコ』などで、アポなし取材、過激なパフォーマンスをもって病んだアメリカ社会に一石を投じてきたドキュメンタリー監督、マイケル・ムーアの最新作。ムーアが挑む今度の相手は、アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプ。タイトルの “119”とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした「2016年11月9日」を意味し、監督の過去作『華氏911』に呼応したタイトルとなっている。

『華氏119』本予告

 公開された映像は、警告音とともに「あなたも、“トランプ慣れ”していませんか?」との警告から始まる。トランプ大統領の「アメリカン・ドリームは終わった」という言葉を皮切りに、“人種差別”、“ツイッター炎上”、“虚言暴言”、“権力至上主義”、“スキャンダル”、“独裁者”というトランプ大統領を表す言葉の数々が現れ、ヒトラーのスピーチ映像にトランプ大統領の声を当てた映像まで登場する。トランプ大統領とムーア監督の2ショット映像では、「私の映画は撮らないでくれよ」とトランプ大統領がムーア監督に懇願する一面も映し出される。

■公開情報
『華氏119』
11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:マイケル・ムーア
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ
2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル/原題:Fahrenheit11/9
(c)2018 Midwestern Films LLC 2018 (c)Paul Morigi / gettyimages
公式サイト:https://gaga.ne.jp/kashi119/

「トランプ大統領「私の映画は撮らないでくれよ」とマイケル・ムーアに懇願 『華氏119』本予告公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版