>  >  > 『中学聖日記』は恋愛だけじゃない?

有村架純の実直さが共感を呼ぶ 『中学聖日記』のテーマは恋愛だけではない?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かわかみじゅんこによる同名漫画をドラマ化し、中学生とその教師が恋に落ちるという設定やテレビ初出演、初演技となる新人・岡田健史の抜擢も話題を呼んだ『中学聖日記』(TBS系)の初回が、10月9日に放送された。

 ドラマでは原作漫画とは若干異なり、より現実味のある世界観となっていた。末永聖(有村架純)は、長年の夢であった中学校教師として子星中学校に赴任する。真面目な性格で、教師という憧れの職業に意気込む聖だが、教職員のアカウントのIDとパスワードを何者にかに盗まれたり、生徒から悪戯をしかけられたりするなど、現実の厳しさに日々翻弄される。大学時代からの恋人・川合勝太郎(町田啓太)とは遠距離恋愛中で、プライペートでも仕事でも不安を抱えながら、日々を奮闘していた。

 一方、子星中学校の生徒である黒岩晶(岡田健史)は、クラスを受け持つことになった聖に惹かれ、そんな自分に焦燥感を抱えていた。晶は、聖へ反抗的な態度をとることで、なんとかその焦りをごまかしていたが、聖への思いは募るばかりだった。

 中学生と教師の恋愛という設定が話題を呼んでいた本作だが、このドラマでは中学校という舞台だからこそ光る恋愛の「淡さ」「切なさ」が、揺れるカメラワークや風景から漂ってくる。聖と晶の最初の出会いが描かれた第1話だが、物語の本筋である恋愛はもちろん、サスペンス的要素や親子のリレーションシップ、タフな現実などあらゆるテーマを今後描いていく気概を感じさせるものとなった。

 晶の母親・愛子を演じる夏川結衣の演技は魅力的で、婚約者の存在へのいらつきから聖に感情をぶつけた晶を叱咤する場面と、その後の仲直りとして晶のパンにジャムを塗るシーンは、本作での親子のあり方を提示している。

 聖が赴任する中学校の教頭役を演じる夏木マリも、夏木ならではといえる意地悪さと存在感を存分に発揮し、視聴者を震え上がらせる。また、勝太郎の上司・原口律(吉田羊)のミステリアスな存在感も光った。

      

「有村架純の実直さが共感を呼ぶ 『中学聖日記』のテーマは恋愛だけではない?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版