>  > 『中学聖日記』岡田健史の素顔

『中学聖日記』で異例の芸能界デビュー、新人・岡田健史の素顔 「人生で一番うれしかった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年秋ドラマ『中学聖日記』(TBS系、10月9日22時〜)で有村架純演じるヒロインの相手役に、本作で芸能界デビューを果たす岡田健史が出演する。前クールの『義母と娘のブルース』や、昨年ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』など高視聴率をマークしてきた作品が並ぶ“TBS火曜10時枠”ドラマとして、新人の起用は異例の挑戦となる。大役であり難役を決めるにあたって、1年にわたり行われたオーディションを勝ち取った岡田の素顔に迫った。【インタビューの最後にチェキプレゼントあり】

「恩返しができないかなと考えていた」

ーー幼いころから野球一筋だったそうですが、なぜ演技を始めることになったのでしょうか?

岡田健史(以下、岡田):野球部を引退した後に、演劇部の顧問の先生から助っ人として大会に出てほしいと頼まれたのがきっかけです。

ーー先生は、他の子にも声をかけていたのですか?

岡田:いえ、自分だけです。演劇部の男子キャストが役にハマらないということで、顧問の先生が誰かいないかと探していた時に、校長先生が僕の名前を出してくださったみたいで。

ーー声をかけられた時には、どう思いましたか?

岡田:演劇かぁ……と(笑)。でも、高校には野球の特待生で入れていただいたのに、甲子園にも行けず、まったく結果を出すことができなくて。自分をここまで成長させてくれたのは、充実した学校生活のおかげだと思っていたので、なにか恩返しができないかなと考えていたんです。そんな時に、ちょうどそのお話があったので「やろう」と思いました。

ーー恩返しですか。それにしても初めての演技って、大変ですよね?

岡田:大変ですね(笑)。でも、同時にワクワクしました。それまで野球しかしていなかったけれど、たとえばサッカーやバスケをやってもおもしろいと思っていた時期だったんです。野球以外のことをする楽しさとか、挑戦することへのやりがいを感じていたので、ワクワクが大きかったですね。

ーーいざ本番を迎えてどんな気持ちでしたか?

岡田:緊張しました、野球の試合以上に(笑)。演技は今までやったことがなかったので、大丈夫かなぁって……。

ーーたしかにそうですよね。周囲からの反応はいかがでした?

岡田:実は、俳優になろうと決意した大きなきっかけが、県大会の時に審査員の方から名指しでお褒めの言葉をもらったことなんです。何十年も演劇に携わっている顧問の先生からも「名指しで褒められている人は、めずらしい」と言われて。自分なりに取り組んだ結果が評価してもらえたことはもちろんですが、(名指しでの賛辞は)滅多にないことだと知って、よりうれしかったですね。

「『中学聖日記』で異例の芸能界デビュー、新人・岡田健史の素顔 「人生で一番うれしかった」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版