>  >  > 有村架純、岡田健史に「心が動かされた」

有村架純、“新人”岡田健史の演技に「心が動かされた」 『中学聖日記』ピュアな恋愛エピソードも

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月9日より放送となる火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)の制作発表会見が、10月6日にTBS本社で開催され、主演の有村架純のほか、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が登壇した。

 本作は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』で連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作で、『逃げるは恥だが役に立つ』など、数々の名作が受賞した「anan漫画大賞」を獲得した人気作品。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に思ってくれる年上の婚約者・川合勝太郎(町田啓太)がいながらも、赴任先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく女性教師・末永聖(有村架純)の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。主人公・末永を演じる有村は、およそ1年ぶりのドラマ出演で、民放連続ドラマとしては単独初主演となる。プロデュースは湊かなえ原作ドラマ『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』(全てTBS系)や、今年1月期に放送され話題を呼んだ『アンナチュラル』(TBS系)の新井順子が担当し、9月末に上映が始まった有村主演の映画『コーヒーが冷めないうちに』で映画監督デビューを果たした塚原あゆ子らが演出を務める。

有村架純

 会見は、学校の教室を思わせる教卓、椅子、黒板が並ぶセットで行われた。まずは、主演の有村が演じる末永について「女性教師で婚約者がいながらも、男子中学生に心を惹かれていってしまう役どころになっています。この作品は非常に難しい作品でもありますし、自分自身、聖として晶に向かっていく気持ちをどう表現していいのかというのは、日々悩むところはあったりするんですけど、いろんな葛藤がこの作品を良くさせるんじゃないかなと思っているので、とにかくみなさんには楽しく観ていただきたいなと思っています」と挨拶した。

岡田健史

 本作がデビュー作であり、この会見が公に出る初の場ということで記者の注目を一身に浴びる中、岡田は「みなさん、初めまして。末永聖先生に心惹かれていく、黒岩晶役を演じさせていただいています岡田健史です。本日はお集まりいただきありがとうございます。自分は今作品がデビュー作で、初めての仕事で毎日刺激的な日々を送らせていただいています。今日のこの会見の場も初めてで緊張していますが、みなさんどうぞよろしくお願いします」と緊張しながらも堂々と初のスピーチを務めた。

      

「有村架純、“新人”岡田健史の演技に「心が動かされた」 『中学聖日記』ピュアな恋愛エピソードも」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版