>  >  > 『君の名は。』総まとめ

今夜地上波初放送! 新海誠監督作『君の名は。』掲載レビュー16本まとめ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』が、本日1月3日にテレビ朝日系にて地上波初放送を迎える。

 本作は、観客動員数1900万人突破し、興行収入は邦画歴代2位となる250.3億円(興行通信社調べ)を記録。『第19回オリコン年間映像ランキング2017』(集計期間:2016年12月12日~17年12月10日)では、7月に発売されたパッケージ商品『「君の名は。」DVD スタンダード・エディション』(33.1万枚)、『「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション』(27.4万枚)が、劇場公開アニメ部門1位(ともに総合2位)となった。

 エンターテインメント作品として、ここまでの記録的な大ヒットを起こし、アニメファンの枠を超えて認知される本作。リアルサウンド映画部では、これまでにアニメ映画としての作品の考察やプロデューサーのインタビュー、著名ライターによる映画評など記事を多数掲載してきた。その全レビューを一挙に紹介する。

『君の名は。』大ヒットの理由は予告編にあった? 新海誠×川村元気の運命的なコラボを振り返る

新海誠、『君の名は。』で新たなステージへ 過去作との共通点と相違点から読み解く

『君の名は。』の大ヒットはなぜ“事件”なのか? セカイ系と美少女ゲームの文脈から読み解く

『君の名は。』はなぜ若い観客の心をとらえた? 新海誠の作風の変化を読む

『君の名は。』の出会いは“運命”と呼べるのかーー設定と展開から考える、物語のはじまり

サエキけんぞうの『君の名は。』評:アニメだから表現できた、人物と都市描写の“快感”

夏の終わりに『君の名は。』現象勃発! その「前代未聞」度を検証する

『君の名は。』を観て考えた、異性関係の悩みーー地下アイドル・姫乃たまが思春期を振り返る

『君の名は。』エグゼクティブプロデューサーが語る、大ヒットの要因と東宝好調の秘訣

先週末が最後の1位? 『アナ雪』超えは無理? 一足先に『君の名は。』の大記録を検証する

2016年アニメ大ヒット現象はなぜ起こった? 豊かなシーンを育んだ“日常系”のリアリティ

『君の名は。』は映画市場をどう変えたか? GEM Partners梅津氏が読む、2016年の興行データ

『父を探して』と『君の名は。』の共通点とは? 配給会社代表が語る、インディペンデントアニメの世界的潮流

『菊地成孔の欧米休憩タイム』“まえがき”全文公開:〈シン・君の名は〉或は今年は1955年である

RADWIMPSが『君の名は。』で手がけた劇伴の特徴は? 映像音楽の専門家が読み解く

『君の名は。』『聲の形』『この世界の片隅に』ーー 最新アニメ映画の音楽、その傾向と問題点について

(まとめ=編集部)

■放送情報
『君の名は。』
テレビ朝日系にて、1月3日(水)21時〜放送
声の出演:神木隆之介、上白石萌音、成田凌、悠木碧、島崎信長、石川界人、谷花音、長澤まさみ、市原悦子
監督・脚本:新海誠
作画監督:安藤雅司
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:RADWIMPS
(c)2016「君の名は。」製作委員会
映画公式サイト:http://www.kiminona.com/
テレビ朝日公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/kiminona/

「今夜地上波初放送! 新海誠監督作『君の名は。』掲載レビュー16本まとめ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版