>  >  > 喜劇女優・新垣結衣、強みは“陽”の笑い?

新垣結衣、喜劇女優としての強みは“陽”の笑い? 『逃げ恥』『リーガルハイ』“笑顔にさせる”演技

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちょうど1年前、『逃げるは恥だが役に立つ』が大ブームを巻き起こしているときに「喜劇女優としての新垣結衣が研ぎ澄まされていくのではないか」と書いたものの(参考:新垣結衣は『逃げ恥』で“第3のスタートライン”に立った 喜劇女優としてのガッキー)、春のNHK2夜連続ドラマにはじまり、夏には代表シリーズのひとつ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ系)のSeason3が放送され、喜劇演技は映画『ミックス。』ただ一本と、相変わらず控えめな活動となった2017年の新垣結衣。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 そんな中で『逃げるは恥だが役に立つ』が、放送終了から1年経ってもまったく色あせることなく、かえってまだ多くの人々に“逃げ恥ロス”を植えつけているのである。もはや、来年映画化も決まっている『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』や、これまで彼女が出演した他の作品すべてを超えて、女優・新垣結衣の不動の代表作になったわけだ。

 改めて、ここはひとつ彼女の喜劇演技としての才を見返してみたい。彼女の喜劇演技を一言で集約させるなら、多くの人を魅了する「“陽”の笑い」に尽きるのではないだろうか。一口に“笑い”といっても、上品なものから下品なもの、言葉なのか動きなのか、じわじわくるものか、それとも一気に爆発するものなのか、ポジティブかネガティブかなど、その種類は様々である。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 彼女が作り出す“笑い”のジャンルは、コミカルで多彩な表情に起因して、まぎれもなく“笑われている”わけでも“笑わせている”わけでもなく、自然と観ている人を“笑顔にさせる”という、極めてポジティブなタイプのものなのである。このタイプの喜劇女優というのは、日本ではなかなか生まれてこなかったのではないだろうか。

 たとえば『逃げ恥』での彼女は、真面目さが強く、不器用な感じに空回りしていくわけで、そこに得意の妄想が加わり、相手役である星野源の控えめで冷静なキャラクターとコントラストがはっきりと作られるという構造ができあがる。それは『ミックス。』でも同様に、他の個性の強いキャラクターたちを置いて、ペアを組む瑛太とのバランスを絶妙に保つことに焦点が定められており、それによって、彼女の明るい魅力が、強く浮かびあがるのである。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

      

「新垣結衣、喜劇女優としての強みは“陽”の笑い? 『逃げ恥』『リーガルハイ』“笑顔にさせる”演技」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版