新垣結衣、喜劇女優としての強みは“陽”の笑い? 『逃げ恥』『リーガルハイ』“笑顔にさせる”演技

新垣結衣、喜劇女優としての強みは“陽”の笑い? 『逃げ恥』『リーガルハイ』“笑顔にさせる”演技

 とはいえ、彼女が最初にその喜劇センスを発揮した作品といえば、とびきり個性の強い、悪魔のような弁護士を堺雅人が演じた『リーガルハイ』(フジテレビ系)であろう。少し特殊なタイプの“陽”の演技を見せつける堺に対して、新垣もまた“陽”でぶつかり合うという、テレビドラマの振れ幅すれすれのところまで攻め入った作りには正直驚かされたものだ。

 共演者とのコントラストを生み出さずとも、彼女の“陽”が際立つのは、良い意味での“アイドル女優感”と、彼女が醸し出す絶妙にやわらかい“空気感”だろうか。今後しばらくは、何を演じても“森山みくり”のイメージからは離れられないだろうが、彼女がそのテイストを守り続ける限り、その唯一無二の喜劇女優の才も保たれ続けることになるはずだ。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■放送情報
「民放連賞最優秀ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』全話一挙放送」
【1月1日(月・祝)】
14:30~17:30(9話~11話)
※ 一部地域を除く
製作著作:TBS
原作:海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(講談社「Kiss」所載)
脚本:野木亜紀子
出演:新垣結衣、星野源、石田ゆり子、藤井隆、真野恵里菜、葉山奨之、古田新太、宇梶剛士、富田靖子ほか
プロデューサー:那須田淳、峠田浩、宮﨑真佐子
演出:金子文紀、土井裕泰、石井康晴
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ