常総学院、県立大崎、八戸工大一……高校野球強豪校の名将が明かす『投球技術の極意』

 野球強豪校の中でも「投球指導」に定評のある名将の極意をまとめた書籍『高校野球界の監督がここまで明かす! 投球技術の極意』が、2021年7月20日にカンゼンより発売される。

『高校野球界の監督がここまで明かす! 投球技術の極意』を立ち読みする

画像をクリックして立ち読み

 名匠が球児たちへ贈る、一気に投球技術を進化させるマル秘上達メソッドが紹介されている。また、本文中で紹介している練習メニューの一部はスマートフォンなどを使用しQRコードを読み取ることで、動画で確認することができる。 

 元中日ドラゴンズ・吉見一起が、制球力向上について、同じく元中日ドラゴンズ・元横浜ベイスターズの谷繁元信が捕球技術についてそれぞれ語っている特別収録も。

 なお、収録高校と監督は、常総学院(島田直也監督)、県立大崎(清水央彦監督)、八戸工大一(長谷川菊雄監督)、立花学園(志賀正啓監督)、三重・海星(葛原美峰アドバイザー)5校5名のほか、日体大(辻孟彦コーチ)にも話を聞いている。

【著者紹介】大利実(おおとし・みのる)
1977年生まれ、横浜市港南区出身。港南台高(現・横浜栄高)-成蹊大。スポーツライターの事務所を経て、2003年に独立。中学軟式野球や高校野球を中心に取材・執筆活動を行っている。『野球太郎』『中学野球太郎』(ナックルボールスタジアム)などで執筆。著書に『高校野球 神奈川を戦う監督たち』『高校野球 神奈川を戦う監督たち2 神奈川の覇権を奪え! 』(日刊スポーツ出版社)、『101年目の高校野球「いまどき世代」の力を引き出す監督たち』 (インプレス)、『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす! 野球技術の極意』『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』(小社刊)などがある。2月1日から『育成年代に関わるすべての人へ ~中学野球の未来を創造するオンラインサロン~』を開設し、動画配信やZOOM交流会などを企画している。Twitter:@mino8989

■書誌情報
『高校野球界の監督がここまで明かす! 投球技術の極意』
著者:大利実
四六判/280ページ
発売日:2021年7月20日
価格:1700円+税
http://www.kanzen.jp/book/b585723.html



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる