大原優乃の温泉グラビアは見ているだけでのぼせるーー成長し続けるグラビアクイーンの変化

大原優乃、温泉グラビアに見る成長

 大原優乃が5月13日発売の『週刊少年チャンピオン』24号の表紙&巻頭グラビアに登場している。同誌への登場は約1年ぶり、10回目の登場となる。

女優、グラビアアイドル・大原優乃

 テレビアニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ『ようかい体操第一』で注目を集めたボーカル&ダンスユニット・Dream5の元メンバーである大原優乃。Dream5時代は、年末に『輝く!日本レコード大賞』や『NHK紅白歌合戦』などに出演し、ソロとしてティーン向けファッション誌『ラブベリー』の専属モデルも務めていた。

 その後、2016年末にDream5が解散し、2017年末に『ラブベリー』が休刊。仕事がなくなりかけたこのタイミングで女優、グラビア活動を開始する。2018年3月に発売された1st写真集『ゆうのだけ』は発売から10ヶ月後にも重版がかかるなどのロングヒットを記録し、その年の『カバーガール大賞』を受賞。現在は白石聖主演の特撮ドラマ『ガールガンレディ』に出演中だ。

大原優乃と温泉旅行

 1年ぶりの掲載に「ただいま」の笑顔からはじまるグラビア。明るく優雅な温泉旅行。時間の感覚もなくなるくらい、朝になっても布団の上でゴロゴロくつろぎ、他愛もなく笑う。久々とは思えぬ距離感。少し大人になった気がしたけれど、会って話せばすぐにあの頃の感覚を思い出して、当時に戻ったかのようにまた少し幼くなる。変わらない関係性に安心しながら、ふいに見せる澄まし顔はやっぱり大人びていて、ときの流れを実感する。

 温泉に浸かる。濡れ髪。体に巻いたタオル。ほんのり恥ずかしそうな表情から生まれる小さな距離感。それもなんだか、心地よい。湯上りは、赤い椿の咲く白い浴衣に着替える。縁側でのんびりとした時間を過ごす。朝からゆっくり動いたにもかかわらず、まだ昼過ぎ。仕事のある日に比べると時間の流れが全然違う。贅沢な時間に癒される。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「写真集」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる