マキタスポーツ著『越境芸人』増補版が発売 「とどまるな、越境しろ!」

マキタスポーツ著『越境芸人』増補版が発売 「とどまるな、越境しろ!」

 マキタスポーツの著書『越境芸人 増補版』が11月5日、東京ニュース通信社より発売される。

 本書は2018年に刊行された『越境芸人』の“増補版”。アフターコロナにおけるエンターテインメントのあり方、表現の主体性と客観性、そして個人に求められるニューモードについてなど、新たな提言を書き下ろした新作コラムを追加している。

 芸人・ミュージシャン・役者・文筆家と、ジャンルを“越境”しながら活動を続けるマキタスポーツによる、渾身のセルフマネジメント論にして、10年分の評論集だ。 


 さらに、アイドル歌手から俳優まで、あらゆる分野でトップに立ち、近年は公演や映画のプロデュースを手がけ、表舞台と裏方を行き来する“越境”のスペシャリスト、小泉今日子との特別対談を巻末に収録している。 

(前書きより)

 文明社会は、ルールの網の目をどんどん細かくしてきています。これは、新たな常識を作るというより、それまでの“常識の強化”です。気にしなくてはいけないことは右肩上がりに増えます。精度を上げるのはマストであり、なるべく傷つく因子を取り除いて行いに励む。それが正義なのです。でも、人間の「悪性」はどこにいくのでしょうか? 

【著者プロフィール】 マキタスポーツ

1970年生まれ、山梨県出身。芸人、ミュージシャン、役者、文筆家。2012年の映画『苦役列車』で第55回 ブルーリボン賞新人賞、第22回 東京スポーツ映画大賞新人賞をダブル受賞。著書に『決定版 一億総ツッコミ時代』(講談社文庫)、『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』(扶桑社文庫)、『アナーキー・イン・ザ・子供かわいい “父親に成る”ということ』(アスペクト)がある。

■書籍情報
『越境芸人 増補版』
著者:マキタスポーツ
発行:東京ニュース通信社
発売:講談社
発売日:11月5日
定価:本体1,500円+税

<目次>
前書き
「越境宣言」
第1章 感動の国 ニッポン
第2章 第二芸能界
第3章 芸人というビジネスマン
第4章 大衆と音楽
第5章 役者現場
第6章 自作自演家
第7章 公のプライベート
第8章 食癖
第9章 越境の現在地
第10章 特別対談
小泉今日子×マキタスポーツ 
「越境の先へ」

 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる