MY FIRST STORY、2年ぶり全国ツアーで示したファンと共に歩み続ける決意 武道館公演も発表

 MY FIRST STORYが、9月16日にZepp Hanedaにて全国ツアー『TOUR 2021 continuation of the story』のファイナル公演を開催した。2年ぶりとなる全国ツアーのラストを見届けるべく、会場には多くのファンが駆けつけた。

 轟音のSEが流れるなか、ステージに登場したメンバーが幕開けの曲に選んだのは、「KING & ASHLEY」。〈Let’s go!!〉というスタートにぴったりな歌詞でライブが始まった。全身に響いてくるアグレッシブなサウンドを感じると同時に、ついにツアーファイナルが始まったと実感する。「今日はツアーファイナルだぜ、羽田!」とHiro(Vo)が声を掛け、「ALONE」、「Missing You」を続けてプレイ。その勢いには思わず、まだライブは始まったばかりだよな、と確認したくなるくらいだったが、リスナーも準備運動はもう済んでいたようで、手を挙げたり頭を振ったりとギア全開で楽しんでいた。

 Zepp Hanedaでは2日連続の公演となっており、この日は前日の公演とセットリストを変えている旨が伝えられた。ワクワクした気持ちと期待を抱えるリスナーに届けられた次の曲は、「ハイエナ」。ハンドマイクからスタンドマイクに切り替えたHiroが、真っ直ぐな歌声で一つひとつの歌詞にしっかりと気持ちを乗せて歌い上げる。そのまま7月にリリースされたナンバー、「告白」へ。本気で好きだからこそ告白が怖いという気持ちを歌ったバラードナンバーで、そのイノセントな歌声は呼吸を忘れるほどに美しかった。また、Nobがベースを置いて演奏するティンパニのサウンドが、さらに楽曲をドラマチックに演出していたのも印象深い。

 バラードソングでしっかりと歌声を届けたあとは「この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど…」で再びハンドマイクに持ち替え、徐々に楽曲のテンポと会場のボルテージを上げていく。そしてMC前に披露されたのは、キャッチーで中毒性のあるメロディがクセになる「I’m a mess」。コロナ禍の辛い思いを描いたこのナンバーをライブ会場で奏でられたのは、今余儀なくされているさまざま制限をメンバーやリスナーが徹底して守っているからこそ。画面やイヤホン越しではなく、直接届けられたことには大きな意味があったはずだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる