ORβIT、SNSでの交流から見える仲睦まじい関係性 メンバーの個性や素が味わえる楽しさ

ORβIT『Enchant』
ORβIT『Enchant』

 ORβITの1stミニアルバム『Enchant』のリリース日が、刻々と近づいてきている。それに伴って、ORβITメンバーたちの活躍の場も増えてきた印象だ。4月8日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)でも紹介され、この先も『3ヶ月連続ORβIT!Enchantスペシャル』(スペースシャワーTVプラス)のオンエアや、ABC-MART店内放送『ABC Recommends』の新MCが決定している。さらに、4月13日にはリアルスタイルマガジン『GIANNA』へもW表紙で登場した。着実に活動の幅を広げてきており、この先より多くの人の目に止まっていきそうだ。

 ORβITをほんの少し知っただけでも、彼らの沼にハマる人は多いだろう。ORβITたちは、“一見さん”をも虜にする力を持っている。まず、あの美しいビジュアルと完成度の高い楽曲があれば、興味を持つ人は少なくないはずだ。そして、少し深堀りすればパフォーマンス中からは想像できない、メンバーたちのキュートな一面も見える。とりわけ、SNS上でのメンバー同士の活発な交流からは、素の彼らも見ることができる。

 数日前からはORβITの公式Twitterアカウントでも、YOUNGHOON、TOMO、JUNEがお互いの投稿を引用し、前のメンバーの投稿に応える形でやり取りをしていた。メンバー同士で撮り合った、オフ感が感じられる写真が投稿されることも少なくない。こうした公式アカウントを使ってだけでなく、メンバー全員が個人アカウントを持っているInstagramではメンバー間での個別のやり取りが見られる。そしてそのコメントや反応からは、メンバーの個性や関係性も伝わってくる。

 例えばJUNE。一見強気キャラに見られがちな彼だが、人懐こい部分が垣間見えている。3月15日の投稿に「めっちゃかっこいい、JUNE」という旨のコメントをYOONDONGがすると、「ぽごしぽー(会いたい)」と反応。YOONDONGも「などー(私も)」と返し、微笑ましいやり取りをしていた。また、TOMOがヘアカラーを何色に変えたかファンに問う投稿をすると、「土色」と回答。ファンの笑いを誘っていたこともある。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JUNE 上原潤(@keepitjune)がシェアした投稿

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる