『PRODUCE 101 JAPAN』から誕生の円神 瀧澤翼、中谷日向、山田恭……ダンススキルでグループ牽引するメンバー

『Say Your Name / ENJIN』
円神-エンジン-『Say Your Name / ENJIN』

 2019年に一世を風靡したオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から誕生した、パフォーマンスユニット・円神-エンジン-。A.rik(エーリック)、草地稜之、熊澤歩哉、瀧澤翼、中谷日向、中林登生、中本大賀、宮里ソル、山田恭の9人からなる円神は、「歌×ダンス×芝居」を融合した新しい形のパフォーマンスショーを展開。メンバー一人ひとりが個人活動を行ないつつも、円神として集まった際にはメンバー、スタッフ、MU3E(円神のファンネーム)でステージや楽曲を生み出していくという、新しい形のユニットである。メンバーはそれぞれ豊かな個性を持っているが、今回はその中でもダンススキルに注目が集まる瀧澤翼、中谷日向、山田恭の3人に注目してみたい。

瀧澤翼

 最年少にして円神のリーダーを務めるのは、瀧澤翼だ。瀧澤は『PRODUCE 101 JAPAN』出演前まで子役として活動しており、芸歴は約10年を数える。ダンス歴も12年とグループ内で最長で、そのセンスはキラリと光っている。円神公式TikTokでも踊りながら自己紹介をしていたり、自分のInstagramやTikTokにもダンス動画をアップするなど、踊ることが好きだとバシバシ伝わってくる瀧澤のダンスは、長い手足をうまく使ったキレの良さと、経験に基づく余裕が味わえる。

@official_enjin

#円神 #ENJIN

♬ Enjin – ENJIN

 楽しそうに踊ることも特徴で、確固たる個性が反映されているダンスなのだが、不思議なことに9人揃って踊っていても浮くことはない。それは、瀧澤ならではダンススタイルと言えるのではないだろうか。彼は17歳という年齢を感じさせないほどしっかりしており、リーダーの役割を全うしようとしている。『円神 Episode ZERO ~始まりの姿~ 』(GYAO!)#2内で、「リーダーだから誰よりも円神の舞台について考えていないといけないと思っているので、見ている人たちに『円神ってこんなパフォーマンスができる集団ですよ』って胸張って見せられるように、僕が頑張ってみんなを引っ張っていかなきゃなって思います」とリーダーとしての覚悟を告白。しかも、ダンス未経験の草地稜之と熊澤歩哉にダンスを教えたり、帰宅後にランニングやトレーニングをしたり、行動もしっかり伴っている。「リーダーとして」という気持ちとグループ全体を見渡す視点を持っているからこそ、確かなテクニックを持ちつつも主張しすぎない、瀧澤のダンスが生まれているのではないだろうか。

中谷日向

 美容に精通している美少年でありつつも、ガッツリ大阪弁を話すというギャップで多くのMU3Eたちの心を掴んでいる中谷日向。彼もダンス歴11年と長く、自分の色もきちんと持っている。『PRODUCE 101 JAPAN』ではあまり目立った切り取られ方はしていなかったが、推しカメラなどでチェックするとリズムの取り方などもしっかりしており、そのダンス歴を感じることできる。

【中谷 日向(Nakatani Hyuga)】大阪l~ツカメ It’s Coming~l推しカメラ
【中谷 日向(Nakatani Hyuga)】推しカメラ|Hey!Say!JUMP♬OVER THE TOP@ポジションバトル|PRODUCE 101 JAPAN

 そんな中谷のダンスをよく観察すると、性格の真面目さが出ているように思う。例えば、『円神 Episode ZERO ~始まりの姿~ 』#1、#2ではトレーナー陣からもらった課題に集中して向き合っている様子が映っていたり、『nonagon(ノナゴン)~始まりの音~』のチーム関西のダンスでは基本に忠実な、間違いないパフォーマンスを披露してくれていたり……。実直な努力ができる中谷は、ダンス歴は長いがまだまだ伸びしろを持っていると言えよう。今後のさらなる成長にも期待が募るメンバーだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる