乃木坂46 賀喜遥香、早川聖来、掛橋沙耶香、田村真佑……『ノギザカスキッツ』で新境地見せた4期生メンバー

 乃木坂46 4期生が出演するコント番組『ノギザカスキッツ』(日本テレビ系)が10月26日に最終回を迎えた。今年6月より、全20回にわたり放送してきたこの番組は、4期生メンバーのバラエティ面を大きく成長させる結果となった。

『BRODY』2019年2月号
『BRODY』2019年2月号

 2019年10月から半年間放送してきた前身番組『乃木坂どこへ』でもMCとして時間を共にし、『キングオブコント』(TBS系)決勝常連である、さらば青春の光と本気でコントに挑戦。当初はメンバーも「アイドルがコントに挑戦する」という少々生半可な考えで臨んでいたが、番組が用意していたのはコテコテのコントだった。番組プロデューサー毛利忍のYouTubeチャンネル「毛利Pチャンネル」にて、そう語るのは早川聖来。さらばの森田哲矢も「誰よりも前のめりだった」「笑いに貪欲」と認める、関西魂を爆発させたメンバーだ。

 視聴者投票で人気ナンバー1キャラを決定する「第1回ノギスキキャラデミー賞」では、残念ながら早川自身の代表作「せーらおばあちゃん」が呼ばれることはなかったが、計12のキャラで様々なコントを盛り上げた名バイプレイヤーとして「さらば賞」が贈られた。実際、20位以内には15位に「早小路セイラ」、8位には賀喜遥香との「尼崎姉妹」がランクインしており、そのキャラの多さに票が分散したとも考えられる。早川の魅力は、役に振り切った演技力の高さ。かつて舞台公演『16人のプリンシパル』にて4期生の中でも突出した強さを誇り、その後「乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」や『スマホを落としただけなのに』、『あなたと作る~etude The 美4』と多くの舞台経験を重ねている一人。『ノギザカスキッツ』の経験を通して、早川独自の新たな道も透けて見えてくる。

 「さらば賞」を獲得した早川に対して、「キャラデミー賞」で1位に輝いたのは賀喜。そのキャラは金川紗耶が扮する「やんちゃんなやんちゃん」を盛り上げる「やんちゃじゃないかっきー」というまさかの結果に。早川が言っていた「同情票」という意見も納得であるが、賀喜の最大の魅力は愛らしくもインパクトのあるその表情だろう。「やんちゃじゃないかっきー」然り、5位にランクインした「妄想少女かっきー」も、コロコロ様変わりする性格と顔の動きで魅せるコント。自身も認めるほどに、賀喜の新しい一面を見せた一作となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる