乃木坂46 白石麻衣、いよいよ目前に迫る“卒業の日” 発表から卒コンまでの足どりを追う

 乃木坂46の白石麻衣が、10月28日の配信ライブ『NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert ~Always beside you~』をもってグループを卒業する。

白石麻衣写真集『パスポート』
白石麻衣写真集『パスポート』

 今年1月の卒業発表から約9カ月。本来は5月に東京ドームで3日間にわたり卒業コンサートが開催される予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に。配信ライブという形式で多くのファンが、白石にとってアイドルとして最後の晴れの舞台を見届けることとなる。

 乃木坂46の立役者であり、開拓者とも呼ばれる白石。卒業発表後の、特に3月リリースのシングル『しあわせの保護色』プロモーション期間終了後は、グループの活動は抑えながら、一人の白石麻衣として徐々に自立を図っていった印象だ。7月放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)への単独出演や表紙を飾った雑誌『AERA』、8月のYouTubeチャンネル「my channel【白石麻衣公式】」開設がそれらに数えられるだろう。「この数カ月間、客観的に乃木坂46を見て、変わってきてるなって思いました」(『白石麻衣 乃木坂46卒業記念メモリアルマガジン』(講談社)より)とインタビューで答えているように、白石が抜けた乃木坂46においても失速することなく、新たなグループカラーを提示しているのは言うまでもない。

 10月に入ると卒業コンサートに向け、白石のメディア露出が一気に増加。『乃木坂工事中』(テレビ東京)では3週にわたり白石の卒業記念企画を、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では白石自らが選曲した「今、話したい誰かがいる」「ありがちな恋愛」「シンクロニシティ」の3曲を披露。『news zero』(日本テレビ系)でのインタビュー特集、秋元真夏、松村沙友理、大園桃子も駆けつけた『乃木坂46白石麻衣のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)。Huluでのドキュメンタリー『もうそろそろ行かなくちゃ』配信とほかにも数えきれないほど多くのメディアミックスがなされており、配信ライブ直前までこの祝祭は続いていく。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる