ST☆RISHの代表曲で辿る『うたの☆プリンスさまっ♪』の10年 7人の絆とファンへの感謝から生まれた名曲たち

『マジLOVE2000%』

〈DOKI×2で壊れそう1000%LOVE〉

 この歌詞で革命を起こした、『うたの☆プリンスさまっ♪』(以下『うた☆プリ』)シリーズ。2010年6月24日に、男性アイドルを育成する恋愛シミュレーションゲームとして誕生し、その後に生まれたTVアニメシリーズは4期に渡って放送。男性アイドルコンテンツの草分け的存在である『うた☆プリ』が、この6月24日に10周年という記念すべき節目を迎え、さらなる盛り上がりを見せている。

 物語の舞台は、アイドルと作曲家を養成する“早乙女学園”。一十木音也らアイドル候補生たちは、作曲家の卵である七海春歌が作る音楽に魅せられ、“ST☆RISH(スターリッシュ)”としてデビューすることになる。スタート時はまだデビュー前だった一十木音也、一ノ瀬トキヤ、聖川真斗、神宮寺レン、四ノ宮那月、来栖翔、そして愛島セシルの7人。彼らの楽曲なくして『うた☆プリ』は語れない。これまでにST☆RISHが歌ってきた代表曲を振り返ってみることにしよう。

インパクトを残した名曲「マジLOVE1000%」

 2011年7月スタートのアニメ第1期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』のエンディングテーマ曲。〈DOKI×2で壊れそう〉というインパクトのある歌い出しから息つく暇もなく、メンバーが一人ずつ〈Are You Ready?〉とこちらにささやく。ファンのコールまで含めて完成する、『うた☆プリ』の代名詞とも言える名曲だ。

 〈マジLOVE1000%〉という強烈なワードについて『うた☆プリ』生みの親であるElements Gardenの上松範康は、著書『アニソン・ゲーム音楽作り20年の軌跡〜上松範康の仕事術〜』(主婦の友社刊)に、この曲の制作秘話を記している。日常的に使われる「マジ」に英語の「LOVE」をつけることを思いつき、さらには「『100%…120%…いやインパクトが弱い。1000%だ!』と思って、このタイトルになりました」と同書にて語っている。絶対にインパクトを残したい、長く続く作品にしたいという上松の強い想いが、この名曲を生み出したのだ。

ST☆RISH「マジLOVE1000%」

7人の個性が際立った「マジLOVE2000%」

 アニメ2期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』エンディングテーマ。1000の次は2000という直球すぎるタイトルに驚かされたことも、今となっては懐かしい。アニメ1期では6人だったST☆RISHに愛島セシルが加入し、7人の絆やハーモニーはさらに強固なものとなっていく。

 〈2000%(にせんパー)〉という強烈な歌い出しと、順番に繰り広げられるささやきは前作を踏襲しているが、デビューを経た彼らはより堂々とした歌唱に。キャラクターたちの個性は際立ち、〈Get you!〉、〈Syun!×2〉など口ずさみたくなるコールも満載。聴き終わった瞬間は誰もが高揚感に包まれる、超ポジティブな1曲だ。筆者が最もお気に入りのST☆RISH曲でもある。

ST☆RISH「マジLOVE2000%」

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!