佐野元春、般若、SUSHIBOYS……新型コロナの状況下に生まれた新曲を聴く

佐野元春ら新型コロナ渦に生まれた新曲

 世界的に広がる新型コロナウイルスの脅威。世界の死者数は記事執筆時点で10万人を超えたという。こうした危機的状況を受けて、各アーティストから続々と作品が発表されている。

佐野元春 & THE COYOTE BAND

 佐野元春 & THE COYOTE BANDは4月8日、新曲「この道」を公開した。曲のタイトルには”Social Distancing Version”とあり、別々の部屋で撮ったバンドメンバーがひとつの画面で演奏している映像になっている。

「この道」(Social Distancing Version)  佐野元春 & ザ・コヨーテバンド

 概要欄には「佐野元春とコヨーテバンドはこの曲で、コロナ禍で疲れた人たちを応援します」とあり、オフィシャルページではコメントも公開された(参照)。

外出を控え、距離を保ち、健康に気をつけて、支えあう。
たとえ離れていても絆は壊れない。僕はそう思っている。

 それぞれの自宅からネットを介したマルチレコーディングで作られたという本作は、曲ができてからわずか2週間で動画の公開までに至ったのだとか。佐野元春 & THE COYOTE BANDは、佐野の他に小松シゲル、深沼元昭、藤田顕、高桑圭、渡辺シュンスケ、大井’スパム’洋輔の7名からなる。朗らかなサウンドを奏でるメンバーたちの様子は終始楽しげだ。佐野と一緒にいるのは飼い犬のゾーイ。画面から伝わるピースフルな雰囲気は疲れた人びとへの癒しになることだろう。また同ページにはこうもある。

希望と絶望。どちらから見ても同じ景色になるように表現してみた。

 いま、大きな不安に駆られている人びとはこの曲に心が救われるだろう。そして、まだなんとか希望を抱けている人も〈この道はもっと明るくていい〉という言葉によって、さらに上を向くことができるはずだ。

ピコ太郎

 ピコ太郎が4月4日に公開した「PPAP-2020-」は、2016年に世界的に大流行した「PPAP」を改変したもの。手洗い訴求の動画になっており、「PPAP」のリズムに乗せてピコ太郎が「Wash!」と繰り返していく。そして最後の決め台詞「Pray for People And Peace」の頭文字が“PPAP”になっている。奇抜な格好とメッセージのギャップがシュールで面白い。動画には海外からも絶賛のコメントが寄せられ、ピコ太郎らしく笑えて踊れる、楽しい手洗い動画になっている。

PPAP-2020-/PIKOTARO(ピコ太郎)

般若

 ラッパーの般若が4月4日に公開した「インダハウス」は、黒フードを被り“コロナ殺す!”と書かれた黒マスクをした自撮り写真に鋭いラップを乗せたもの。混乱する情勢と、政府に対する批判を並べ、ラストは〈日常取り戻す その日が来るまで〉で締めている。現在の思いを正直に言葉にしているのが伝わる。連日の暗いニュースで募る不安や怒り、溜まっていくストレス……そうした心のわだかまりを吐き出したい人びとの共感を呼ぶだろう。

般若 / インダハウス ℗2020 昭和レコード



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる