NEWS『NEVERLAND』はアルバムプロジェクト4部作の原動力に 4人の培ったものが集まり広がる素晴らしい世界

 ミスター・インポッシブルの口から、NEWSメンバーはこんなふうに紹介されている「ポテスターテム(動力)を司る手越祐也。テンプス(時空)を操る小山慶一郎。ベルビス(言葉)を奏でる加藤シゲアキ。スペクタクルム(美観)を生み出す増田貴久」これは、彼らが現実のNEVERLAND=コンサートを創り出すときの役割を示しているのかもしれない。

 持ち前のフィジカルとメンタルの強さで、NEWSの音楽をグイグイと引き上げていく手越。「BLACK FIRE」を聞けば、その歌に対する熱量を感じずにはいられない。そんな手越に感化されるように、3人の歌声もパワフルに響く。それまで抱えていた感情があふれたように歌う「U R not alone」にも思わず胸が熱くなる。時にマグマのようにブワッと吹き上がる4人のエネルギーを調整し、MCとしてまとめていくのが小山だ。もちろん、これほどNEWSのエンターテインメントに物語性を生んだのは、作家としての才能を開花させた加藤がいればこそだし、その世界観を衣装など見える形にしているのが増田の美的センス。

 4人それぞれが培ってきたものを集めると、こんなに素敵な世界が広がるという証明。誰ひとりとして欠けては、この夢のような作品は創り上げることができなかったという確信。それが、第1章『NEVERLAND』だった。もちろん、そんな彼らに心惹かれて集まった制作スタッフたちの才能が融合し、このファンタジックなアルバムは生まれた。そして、この始まりが、ファンの愛によって育まれたからこそ、第2章の『EPCOTIA』と続いたのだ。

 “NEWSが創り出す次なる世界が見たい“その想いこそが、このアルバムプロジェクト4部作の原動力にほかならない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる