>  >  > 日向坂46、“ひらがなけやき”最後のメッセージ

日向坂46、“ひらがなけやき”としての最後のメッセージに? 欅坂46『黒い羊』収録曲が示すもの

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年2月11日に、けやき坂46(以下、ひらがなけやき)が、“日向坂46(ひなたざか)”への電撃改名を発表した。同時に、3月27日に念願のデビューシングルを発売することも決定し、公式ホームページオフィシャルTwitterファンクラブなどを新設。結成から約3年、ついに欅坂46(以下、漢字欅)からの完全独立を果たした。

欅坂46『黒い羊』(TYPE-B)

 そこで俄然注目されるのが、2月27日に発売される漢字欅の8thシングル『黒い羊』における、日向坂の立ち位置。今後の展開がどうなるかわからないが、おそらくひらがなけやきとして参加する最後のシングルであり、漢字欅と一緒のシングルリリースもしばらくはないはず。ひらがなけやきとして、最後にどんな曲を残したのだろうか。

 今回、同シングルには「君に話しておきたいこと」と「抱きしめてやる」が収録されるひらがなけやき。「君に話しておきたいこと」は、『カレーハウスCoCo壱番屋「ここいち de HAPPY!キャンペーン」』のCMソングとして使用され、すでにライブでも歌われている。僕と君の出逢いや溢れる思いを言葉にして伝えるといった内容の歌詞で、二期生の小坂菜緒がセンターを担当。今となっては、その後ろをソロ曲&センター経験者の一期生・加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲が固めるといった盤石なバックアップ体制は、独立後の未来を見据えたフォーメーションだったと感じる。

 そして注目なのがもう一つの新曲「抱きしめてやる」(TYPE-B収録)。同曲は、日向坂の渡邉美穂が1st写真集『陽だまり』の宣伝をかねてゲスト出演した、2月5日放送のラジオ『オテンキのり&欅坂46菅井友香のレコメン!』(文化放送)で初解禁された。

 心が浄化されていくような音色(バグパイプのような民族楽器)から始まるこの楽曲は、〈戦ったら 負けることもある〉や〈どんな辛さも 抱きしめてやる〉といった歌詞が並び、どこか「黒い羊」のアンサーソングのようにも捉えられる。また、歌詞の中には〈男だからって 我慢しないで/私が ちゃんと守ってあげるから〉という女性目線であることを示すような言葉もあり、「黒い羊」の“僕”と対をなしているようにも思う。これまでの表題曲が漢字欅の表の姿を表現していたとしたら、カップリングは漢字欅の真の部分や裏の姿を補填するような楽曲になっていた印象だ。「黒い羊」は今までカップリングであった裏側が表に出て来たような楽曲である。それに対する答えや逃げ道である楽曲を、今回はひらがなけやきに託したように感じた。ひらがなけやきにしてはいつもより強めな印象を受けるのは、そういった理由からではないだろうか。

 初めて聴いた菅井は「女神みたいな楽曲。男だからって我慢しないで、私が抱きしめてやる、ちゃんと守ってあげるよというのが、すごく優しい女の子をイメージさせる曲で、ひらがなちゃんにピッタリ」と感想を述べ、渡邉もまた「これまでの楽曲では、上からじゃないんですけど、抱きしめてやるみたいな、女性が強い感じのものをあまり歌ってこなかったので、そこがまた新しくて、強気で歌えました」と語っていた。

      

「日向坂46、“ひらがなけやき”としての最後のメッセージに? 欅坂46『黒い羊』収録曲が示すもの」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版